OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

労務相談 >> 採用面接

「採用面接」では何に留意すべきか

医療は人なり・・・

クリニックや病院が適切な医療活動を行うためには、各施設が求める基準の有能なスタッフの確保が最も重要といっても過言ではありません。
昨今、歯科医院数の急激な増加に伴い見かけ上の歯科衛生士数が減少しています。
需給バランスの均衡が偏り始め、その結果、歯科衛生士の方々には以下のようなメリットが生まれました。
1. より一層のフレックス化
2. 賃金のアップ

しかし一方で、まったく定着しないスタッフがいるのも事実です。
その理由は何でしょうか?「昔はこんなにすぐやめなかったのに・・・」と嘆かれる先生も多くおられることでしょう。
その一番大きな理由は、前述のとおり、需給バランスが崩れ、歯科衛生士の就職先が豊富にあるため、自身の求める基準に歯科医院が外れていればすぐに退職し、自分の求める基準に合致する歯科医院を探し求めるという傾向があるからと私は考えております。

せっかく、熱い思いで地域医療に尽くし、更に向上しようとしてスタッフを募集しても、定着せずにやめられた場合のデメリットたるや、金銭的な問題のみならず精神的にもよろしくないですね。
できる限りそのような状況は回避すべきであり、その為には面接時点から注意すべきことがいくつかあります(すべてのエネルギーは診療に費やすべきものですね)。
今回は、簡単ではありますが、人材採用におけるポイントをいくつかご紹介します。

すべてに共通するポイントは、「クリニックの方向性をしっかりと具体的に示す」こと。

募集人材の明確化

(1)当たり前のことですが、なぜ募集するのか、この具体的な理由を理詰めで一度考える必要があります。
業務負担の軽減として募集する場合、経営にどのような影響を与えるか、患者さんメリットは何か、見えない売上と見える売上を総合的に判断し、だからこそこの人材が必要であると明確化することが重要です。

(2)次に、募集することが決定した後に考えることとして、どのようなスキルを持ったスタッフが必要なのかを考えます。
ここで中途半端な決定をしてしまうと、採用したスタッフのスキルや特性にクリニック全体がすり合わせなければならないケースが発生します。

歯科助手か、歯科衛生士か、受付か、ドクターか。
常勤か、非常勤か、それともスポットか。
経歴が重要なのか、経験が重要なのか、経験はなくともマインドを優先するのか。

(1)(2)が明確に決まれば、最後に現時点でのクリニックの仕組みの中にどのように組み込み、どのような影響がクリニック全体に発生するか(ある程度の規模以上になれば特に問題ないと考えますが)を熟考し、後は求人活動に移ります。

「人材募集方法や面接実務について」へ→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません