OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

労務相談 >> 就労規則

就業規則の3つの役割

「労働基準法上の作成届出義務」
「職場トラブル予防・問題拡大の防止」
「円滑な職場環境による業績向上」

(1)労働基準法上の作成届出義務

労働基準法第89条
常時10人以上のスタッフを雇用する病医院は、必ず就業規則を作成し、所轄労働基準監督署長に届け出ることが定められています(「10人以上」にはパートタイマーや臨時的なスタッフも含まれます)。


(2)職場のトラブル予防・問題の拡大防止

トラブルの大きな原因は「雇用決定時の話と違う」ことです。
就業規則で、解雇要件を規定しておくことでトラブルになる前に、簡単な話し合いにより解決できる可能性が飛躍的に高まります。

(3)円滑な職場環境による業績向上

就業規則に「このように働いて欲しい」という方針を盛り込み周知させることで、クリニックの方向性やインセンティブを定めることができ、スタッフに向上心を持たせえる環境を構築することができます。

「リスクマネジメント」へ→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません