OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

税務相談 >> 税金

消費税

基準期間における課税売上が1,000万円を超えていれば消費税の納税義務が生じます。
消費税は、課税売上・仕入、非課税売上・仕入、会計処理方法の選択、各種提出期限など、留意すべき点がたくさんあります。
クリニックの医療収入には消費税が課税されないものも多くありますので注意が必要です。


Q1 消費税の仕組みを簡単に教えてください。

患者等から預かった消費税は国へ納めることになりますが、医薬品等の支払いにも消費税が含まれていますので、預かった消費税から支払った消費税を差し引いて差額を納付することになります。
支払った消費税を計算する方法として「原則課税」と「簡易課税」の2種類があり、前々年を基準として、課税売上高が5,000万円以下であれば「簡易課税」を選択することができます。


Q2 消費税における「基準期間」とは何ですか?

消費税は「基準期間」の課税売上高で種種の重要な判定を行うことになっています。
「基準期間」とは、消費税の納税義務があるのかないのか、簡易課税制度を選択できるのかできないのか、などを判断する期間で、その年の2年前のことを言います。


Q3「簡易課税方式」とはどういうものですか?

簡易課税方式とは、控除対象仕入税額をみなし計算する方式です。
本来の消費税の計算方法(原則課税)では、課税仕入の金額とそれにかかる消費税額を正確に出し、控除対象の仕入税額を計算しなければならないが、簡易課税では、課税仕入等に係る消費税額を計算することなく「みなし仕入率」で課税売上高のみから納付する消費税額を計算することができます。
ただし、一旦簡易課税を選択すると最低2年は適用を継続しなければならないから注意が必要です。
クリニック経営に関係する「みなし仕入率」は第5種事業の50%に該当しますが、例えば医院での物品販売は第2種80%であり、売上の種類によっては異なりますのでそれぞれがどの事業区分に該当するか判断し記録しなくてはなりません。
必ずしも簡易とは言えません。


Q4 消費税に関する各種届出期限は?

消費税各種届出はそれぞれに期限が決まっています。注意してください。
下記を参照ください。

届出書名 届出が必要な場合 提出期限等
消費税課税事業者届出書 基準期間における課税売上高が1千万円超となったとき

事由が生じた場合速やかに
消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書 基準期間における課税売上高が1千万円以下となったとき

事由が生じた場合速やかに
消費税簡易課税制度選択届出書 簡易課税制度を選択しようとするとき 選択しようとする課税期間の初日の前日まで

消費税簡易課税制度選択不適用届出書 簡易課税制度の選択をやめようとするとき

選択をやめようとする課税期間の初日の前日まで
消費税課税事業者選択届出書 免税事業者が課税事業者になることを選択しようとするとき

選択しようとする課税期間の初日の前日まで
消費税課税事業者選択不適用届出書 課税事業者を選択していた事業者が免税事業者に戻ろうとするとき

選択をやめようとする課税期間の初日の前日まで
消費税課税期間特例選択・変更届出書 課税期間の短縮を選択又は変更しようとするとき

短縮又は変更に係る期間の初日の前日まで
消費税課税期間特例選択不適用届出書 課税期間の短縮の適用をやめようとするとき

選択をやめようとする課税期間の初日の前日まで
消費税の新設法人に該当する旨の届出書 基準期間がない事業年度の開始の日における資本金の額又は出資の金額が1千万円以上であるとき 事由が生じた場合速やかに
ただし、所要の事項を記載した法人設立届出書の提出があった場合は提出不要


Q5 消費税の会計処理方法を教えてください。

「税抜方式」と「税込方式」があります。
免税事業者については「税込方式」を採用する事になりますが、課税事業者についてはどちらの方式を選択してもかまいません。
経理に不慣れな方は、税込方式で記帳したほうがよいといわれています。
以下に、それぞれの方式を説明します。

① 税抜方式:
取引金額と消費税額を区分して経理処理する方法のこと。
利点は事業の損益が明確になることですが、売上成立時には「仮受消費税」仕入や経費発生時には「仮払消費税」の科目を設けて記帳する必要があり手間がかかります。
年末に仮受消費税の総額から仮払消費税の総額を引き納税額を求め、これを納税までの間、「未払消費税」という科目に記録しておきます。

② 税込み方式:
消費税を取引額に含めて経理処理する方法のこと。
利点は記帳の仕方が簡単だという事です。免税事業者はこの方法で記帳すればよいのですが、課税事業者の場合は確定申告の3月末までに原則か簡易課税のどちらかを選んで納税額を計算する必要があります。

「源泉所得税」へ→

「Oral Studio協力税理士 【舛田先生のHP】はこちら」

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません