OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> インプラントことはじめ

インプラント成功基準に関するガイドライン

インプラント成功基準に関するガイドライン

インプラント治療に関する国際的成功基準を時代別に示す。

NIH ハ-バード会議(1978)

・各方向に1mm以下の動揺は許容する
・エックス線学的に観察される透過像は基準にならない
・インプラントの垂直的な高さの1/3以下の骨吸収は許容する
・治療不可能な歯肉炎、炎症および感染がない ・隣在歯には損傷がない ・知覚異常や知覚鈍麻(脱失)がない
・75 %以上の症例が5年間機能する

Albrektssonら(1986)

・検査時に、個々の連結されていないインプラントは動揺しない
・エックス線学的にインプラント周囲に透過像を認めない
・インプラント埋人後1年以降の経年的な垂直的暫吸収は0.2mm以下である
・インプラントによる持続的および非可逆的な徴候や症状(疼痛、感染、神経麻痺、知覚異常、下顎骨損傷など)がない
・上記の条件下で、 5年成功率85%が最低の成功基準とする

→詳しくはこちら

現代のインプラント成功の基準 (トロント会議, 1998年)

・インプラントは,患者と歯科医師の両者が満足する機能的,審美的な上部構造をよく支持している
・インプラントに起因する痛み,不快感,知覚の変化,感染の兆候などがない
・臨床的に検査するとき,個々の連結されていないインプラントは動揺しない
・機能開始1年以降の経年的な1年ごとの垂直的曽吸収は平均0.2mm以下である

【参考】
よくわかる口腔インプラント学、第1版、医歯薬出版㈱
歯科インプラント、先端医療技術研究所 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する