OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> MI

MIと歯質接着性材料の関係

歯質接着性材料の普及

歯質接着性材料が存在しなかった時代においては、ウ蝕処置はBlack窩洞が原則であり修復物脱離を防止するための保持形態付与や二次 カリエス予防のための不潔域の除去により、健全歯質を多量に切削せざるを得なかった。

しかし、1970年代より歯質接着性材料が徐々に普及・開発・改良されるに従い、機械的保持形態付与の必要性は重要ではなくなり、また、材料の長期安定性(機能的・審美的)も徐々に向上してきたため、現在では健全歯質を極力切削しない保存修復処置が可能となった。
これがMIコンセプトの普及・実践を大きく後押しした。
すなわち、外科的なアプローチのみでしか行い得なかった保存修復が、カリオロジー等の様々な分野の研究が進んだことも相まって、より内科的な処置へと移行しつつある。

接着性材料に関する学習はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
セルフエッチングタイプの光重合型ボンディング材です。プライマ…
ジーシーのフロアブルコンポジットレジンは、そのメリットが最大…