OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> PMTC

PMTCにおける齲蝕予防&初期齲蝕に対する対応

ウ蝕予防・初期齲蝕に対する対応は?

1.フッ化物を利用した歯質強化
フッ化物の歯質強化において、フッ化物の作用濃度・到達性・停滞性が非常に重要な要素となる。

● PMTCフッ化物使用のポイントは、出来る限り高濃度のフッ化物を含有した研磨剤を使用し、プラークやバイオフィルムの除去のみにとらわれず、フレッシュな歯面に出来る限りフッ化物を停滞させることが重要である。
また、歯間部や咬合面への積極的なフッ化物含有歯磨剤の到達を目指すべきである。

● 日常的なケアにもフッ化物含有歯磨剤の使用は効果的である。
現在、市販されている歯磨剤の多くはフッ化物を含有しているが、その濃度は様々である。

2.再石灰化促進成分を利用した歯質強化
リカルデント(CPP-ACP:新素材参照のこと)ペーストを歯質に塗布し、再石灰化を促進させる方法である。
詳細は、CPP-ACPを解説したコンテンツに譲るが、現在MIペーストとしてGC社より発売されている。リカルデントを適切に使用することにより、脱灰エナメル質の再石灰化を促進するだけでなく、エナメル質の耐酸性を高めることも可能である。

本ペーストは歯磨剤としての使用よりも、エナメル質パックとして使用することが効果的である(ブラッシング後に歯に塗布し洗口しないまた、マウストレーを使用してリカルデントを歯質に局所的に停滞させて作用させることも効果的)。
近年、リカルデントは様々な形で提供され始めているので、MIペーストのみに頼るのではなく、リカルデントガム等の併用も容易であり、様々なデリバリ手法をミックスすることで効果的なウ蝕予防が可能であると考えられる。

3.細菌学的なアプローチについて
ウ蝕は細菌由来の感染症である。そのため、クロルヘキシジン等の抗菌成分を利用しウ蝕原性菌数を減らすことでウ蝕を予防する方法がある。
クロルヘキシジンは非常に優れたプラーク形成阻害作用を持ち、また、歯質有機質劣化(コラーゲン劣化)に関与するMMPsのインヒビターとしても知られている。
欧米においては日常生活で使用する際の長期安全性は実証済みだが、ジェネティックな要素によりモンゴロイドに対する安易な長期投与は危険である。
本邦において確率は低いもののアレルギー症例が報告されていることを念頭に置く必要がある。またクロルヘキシジンを日常的に使用した場合の歯質着色に対しても十分留意する必要がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
ピュアテクトはチッ化ケイ素微粒子と多孔質粒子を成分とした歯面…
歯牙エナメル質を傷つけることなくプロフェッショナルな仕上げが…