OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> ホワイトニング

ホワイトニングと研磨について

ホームブリーチング作用

一般的にホームブリーチングに使用される薬剤は過酸化尿素である。
過酸化尿素は口腔内環境下の水分と反応して過酸化水素と尿素に分解される(使用した過酸化尿素濃度の約1/3の過酸化水素が発生する)。
過酸化水素はさらに分解され、フリーラジカルを発生し漂白効果を発揮する。また、同時に発生した尿素にも有機物分解作用があるため漂白作用を補助すると考えられる。

商品選別基準

ホームブリーチング薬剤について本邦で認可を受けている商品数はまだ少なく、患者ごとに適したものを提供できるほど成熟していない。そのため、多くの臨床家は海外から個人的にホームブリーチング(ホワイトニング)キットを購入しているのではないだろうか?
様々な要素はあるが、ホームブリーチングで重要なことは、何%の漂白薬剤(実際は過酸化水素)をどの程度の時間歯面に接触させたかということである。
以下にホワイトニングキットの選択基準を列記する。

  1. 一日にどの程度の時間をホワイトニングに裂くことが出来るか?
  2. どの程度の期間で効果が認められなければならないか?
  3. 生活スタイルは不規則か?
  4. 知覚過敏はあるか?
  5. 肌(口腔内粘膜)は薬剤に対して敏感か?
以上のことをメディカルインタビューした上で、
  1. 過酸化水素が高濃度のものが適しているのか
  2. 低濃度のものを使用するべきか
  3. どのようなトレータイプのキットを選ぶか
  4. どのような添加物が含有されているものを選択するか
  5. どのような外装のものが患者のモチベーションを維持できるか
を熟考し、各患者に適したホワイトニングキットを選択すべきである。

参考
保存修復学21、第3版、永末書店
ホワイトニングのマーケッティングステラトジー、医歯薬出版㈱

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
超音波の振動により、インセラムアルミナ/スピネルのパウダー、…
LED3000mwです。