OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> 歯周外科

歯周外科 総論

歯周外科の適応

中等度から重度歯周炎にまで進行した症例では、スケーリングやルートプレーニングなどの非外科的歯周治療(イニシャルプレパレーションなど)では、深いポケットや複雑な根分岐部に及んだ歯肉縁下プラークおよび歯石を除去することは非常に困難である。

 歯肉に炎症がみられるようになると、ポケットの形成に伴いプラークコントロールのしにくい、つまり、プラークの停滞しやすい歯周環境となるため、ポケット内には歯周病関連細菌が増加し、付着喪失および歯槽骨吸収を助長し、ポケットはさらに深くなり、歯周組織の破壊はさらに進行する。
また、歯槽骨吸収や歯肉歯槽粘膜病変の治療も、一般的には非外科的歯周治療では不可能で、歯周外科手術が適応となる。

歯周外科の目的

・イニシャルプレパレーションで改善できなかった深い歯周ポケット
・口腔清掃を傷害する歯肉、歯槽骨、小帯、口腔粘膜の形態異常の改善
・失われた歯周組織の再生
・前歯部の歯肉肥大や退縮による審美性の回復
・適切な保存修復・補綴処置を行うための歯周組織の形態修正

歯周外科手術の禁忌症

・出血性疾患(血小板減少症、血友病、抗凝固薬服用者など)
・免疫力の低下(好中球減少症、白血病、糖尿病、高齢者など)
・その他の全身疾患(悪性腫瘍、重症心疾患、妊婦など)
・口腔清掃不良

歯周外科の種類

・キュレッタージ(歯周ポケット掻爬術)
・ENAP(新付着術)
・歯肉切除術・歯肉整形術
・フラップ手術
・GTR法
・骨外科(骨整形術、骨切除術)・骨移植術(自家骨移植、他家骨移植、人工骨移植)
・歯肉歯槽粘膜手術(歯肉歯槽粘膜形成術、歯肉弁根尖側移動術、歯肉弁側方移動術、歯肉弁歯冠側移動術、遊離歯肉移植術、小帯切除術、口腔前庭拡張術)

歯周外科手術を行う時期と部位

原則として、歯周外科手術はイニシャルプレパレーションが完了したのちの再評価によって以下に示すような症状がみられる部位に行う。

・プロービング時の出血、排膿
・プロービング時の根面粗造感の触知
・角化あるいは付着歯肉幅の狭小
・筋や小帯の異常(主に高位付着)
・修復、補綴処置の前処置
・歯肉の相対的萌出遅延

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
持ち運びができ、在宅診療にも使えるハイスペックモデルSPS(…
お手持ちの“キャビトロン 30K ステリメイトハンドピース”…