OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> セラミック修復ことはじめ

セラミックの利点 ― アレルギーの側面より ―

金属修復物とアレルギー

現在、歯科領域のみならず医科領域でも話題にのぼる口腔内のリスクとして『金属アレルギー』問題がある。臨床的にはアマルガムを除去することにより、全身のアレルギー反応が改善した等の報告があるが、その他の金属修復物においてもアレルゲンとなる可能性が指摘されている。

基本的に金属は、安定した化合物状態ではアレルゲンにならないが、口腔内でイオンとして溶出することにより、生体タンパクと結合しアレルギーを引き起こす可能性が示唆されている。
このような金属修復物由来のアレルゲンは、他のアレルゲン物質と同様に、直接触れる部位に起こる接触性皮膚炎の他、非接触の部分(消化管や呼吸器上皮など)にも影響が及ぶ可能性がある。

歯科としての対応

全身におけるアレルギー疾患(腎炎、喘息・過敏性肺炎、偽アトピー性皮膚炎、扁平苔癬、水銀皮膚炎など)患者はまず皮膚科を受診するケースがほとんどであるため、口腔内の金属が見落とされる場合がほとんどである。

免疫システムが前述の金属修復物由来アレルゲンを異物として認識しアレルギーが起きると、それが存在する限り数年から数十年間、アレルギー反応は持続する。また、現在はなんともなくても、金属イオン溶出が何かのきっかけで進み蓄積された場合、何らかのトリガーでアレルギー反応が再発するケースがある。

「口腔内に金属が存在することはリスクである」と言い切ることは問題であり、世界中の金属補綴物を入れて快適に過ごされている人(ほとんどの方はそういう人である)を無視した文言であり、かつエビデンスに欠けるといわざるを得ない。

しかし一方で、パッチテストなどにより歯科用金属がアレルゲンと同定され、除去対象となる事実も存在する。

そのようなケースにおいて、金属修復物の代替となる素材として、セラミックやレジンが代表的である。中でもセラミックは生体親和性が非常に高く劣化しない材料で審美性も高いため、ラミネートベニアやジャケットクラウンにおいては優れた選択肢である。

金属アレルギー既往患者やアレルギーに関して敏感な患者に対しては、今ある金属の歯科修復物を他の素材に取り換えておくことも一つの予防手段ともいえると考える。また、歯科修復において金属を使用する際には、同じ金属でも溶出の少ないチタンや金、白金などを上記理由及びアレルギー予防の観点よりリコメンデートすること(審美性を最重要な訴求点とするのではなく)は医学的にみても妥当性があると感じる。
但し、ファインセラミックスでもアルミナなどの添加物を含有するため、全くアレルギー反応ないとは言い切れないことを念頭に置くべきである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
効率よく、天然歯のような審美性IPS e.maxプレスは、ニ…
強度アップにより臼歯3歯ブリッジまでの対応を可能にしたオール…