OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> CR充填のレイヤリングテクニック

ダイレクトベニア修復

治療前

不適切な審美修復と根管治療後の変色歯を有する患者で、一般的に審美性が悪い症例(図1)

治療中

ボンディング操作時と土台となるレジンを充填する際にはラバーダムを用いる。FiltekTM Supreme PlusコンポジットレジンのシェードA3BとA2Bを用い、隣接面と切縁の基本的な解剖学的形態と機能を再建する。(図2)


ラバーダムをはずし、咬合を確認する。オートマトリックスNRバンド(デンツプライ社)は、歯頚部や口蓋側などの単独窩洞面を隔離、孤立させる(図3)。

ダイレクトベニア修復を行う前に、土台となる歯の形を作る(図4)。

FiltekTM Supreme PlusコンポジットレジンのシェードA3Bを歯頚部のマトリックス部に置き、薄い金属の器具かシリコンブラシタイプの筆で広げていく(図5)。

重合後、二層目にA2Bを使用する。A2Bは彩度が高く、明るいシェードである。犬歯の修復と同じようにA2Bを歯頚部に置いてから透明度の高いA2Eを切縁に置く(図6)。

治療終了

天然歯の自然色に近づけるため、この症例では表層に白いステインを用い(Kolor+Plus, KerrHawe)ホワイトスポットとひびをいれている。


施術後(図7)

アドバイス

FiltekTM Supreme Plusコンポジットレジンのシェード配置の模式図。



FiltekTM Supreme Plusコンポジットレジンは、強度と色調、不動明度の効果にすぐれ、エナメル質のような光沢をも合わせもつため、施術者は単純な症例においても複雑な症例においても天然歯に近い色調を再現することができる。

訳者:北海道大学大学院歯学研究科 第一保存

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
“PolySoft(ポリソフト)”は、研磨剤をコーティンク…