OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> CR充填のレイヤリングテクニック

臼歯部に対する修復

治療前

アマルガム辺縁破折症例(図1)

治療開始~エナメル壁の作成より

マトリックスを近心隣接面に入れ、近心のエナメル壁を作る。(図2)


近心のエナメル壁は積層してもよいが、一般的には単層充填によりいち早く修復できる。

マトリックスを除去し、FiltekTM Supreme PlusコンポジットレジンのシェードA3を窩洞底部に充填する。
FiltekTM Supreme Plusコンポジットレジンのフロアブルレジンはこのステップで使用できる。

次いでFiltekTM Supreme PlusコンポジットレジンのシェードA2Dをその上に充填し、象牙質の着色が見えなくなるようにする。(図4)

コンポジットレジンの積層を続け、解剖学的形態を形成していく。この症例ではFiltekTM Supreme PlusコンポジットレジンのシェードA2Bを用いた。(図5)

咬合面の特徴を出すために、茶と白のステインを用いて小窩・裂溝を形成する。ホワイトスポットは三角隆線をより明瞭にするために用いる。ステインを付与するのはコンポジットレジンを積層するステップで行い、最終的な咬合調整の際に削られることなく、十分に審美性が再現されるようにする。(図6)

最終段階で黄色の透明シェードを用いた。(図7)

アドバイス

本症例におけるレジン充填の模式図



近心壁を作る際には、レジンの正確な配置と材料の高い操作性が要求される。FiltekTM Supreme Plusコンポジットレジンの操作性と強度により、術者はより早く正確にこのステップを行うことが可能である。

訳者:北海道大学大学院歯学研究科 第一保存

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する