OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> 印象採得総まとめ -シリコーン印象-

歯肉圧排 印象採得前処置について

二重歯肉排法 (ダブルコードテクニック)について

ダブルコードテクニックは、歯肉溝液や出血をコントロールし正確なマージンの印象採得が行える非常に有効な方法です。2次圧排糸の圧力によって内縁上皮は外側に押し拡げられ、印象時には一時的に歯内縁は外側、根尖側に移動しています。

この結果マージンに歯肉が被ることなく確実な印象採得が行えます。健康な歯肉では、圧排糸は内縁上皮を外側に押し広げているだけで上皮付着を破壊していません。したがって印象後、速やかに圧排糸を撤去することによって歯内縁は元の位置に戻ります。ただし、極端に付着歯肉が薄く、幅が狭い症例では歯肉退縮に注意する必要があります。

歯肉圧排に用いる圧排糸と圧排糸挿入用インスツルメント(参考製品名:ウルトラデント社・ウルトラパック・ウルトラパッカー)


最初に細めの圧排糸(1次圧排糸)を歯肉溝内に挿入する。圧排糸に止血剤(ビスコスタット等)を含浸させておいても良い。


引き続いて、若干太めの圧排糸(2次圧排糸)を挿入しておく。歯肉溝が浅い場合には無理に挿入せず、上からテンポラリークラウンを用いて軽く圧迫するだけでもよい。


印象直前に2次圧排糸のみを撤去する。そして1次圧排糸が歯肉溝底に挿入されたままの状態で印象採得を行う。印象採得が終了したらすみやかに1次圧排糸も撤去する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
パルフィークエステライトペースト、パルフィークタフウェル用…
ポーセレン作業で使用します。