OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> 各種セメント概要と実際の商品Line up

セメント選択基準

はじめに・・・

補綴物をセットする際、セメントをどのような基準で選択するかという問題について示すことを目的としているコンテンツである。

歴史的なセメント?

ところで、30年以上もっているインレーやFCKは・・・
→リン酸亜鉛セメントによる合着に違いない。それゆえ、歴史的に“リン酸亜鉛セメント”は認められているセメントとの議論があり、確かにある意味では正しい議論である。しかし一方で、リン酸亜鉛セメントは歯質とケミカル(化学的)に接着しているわけではなく、【補綴物⇔セメント⇔歯質】間の嵌合効力に依存しているわけである。すなわち、リン酸亜鉛セメントにより合着された補綴物が長期間脱離しなかった理由として、適切な維持・支持・把持形態を付与された補綴物であったことが挙げられる。歯科医師の技量による勝利である。

逆説的ではあるが、レジンセメントで合着されたラミネートベニアが脱離しないのはレジンセメントによる【ラミネートベニア⇔セメント⇔歯質】間の強固なケミカルボンディング(化学的な接着)が成立していることに他ならない。

上記例は極端だが、補綴物の合着において適切なセメントを選択することの重要性を示している。

セメントの特性を知る

合着に際し、“適切なセメントを選択する”ためには、各臨床状況・歯質の状況を適切に判断しその“環境に適したセメントを選択できる”ということである。そのためには、各種類のセメントの特性を知らなければならない。

各セメントの特徴についてはこちら

各セメントの練和についてはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
補綴・修復物を装着する際に使用するコンポジットレジン系レジン…
銀を含有したメタルボンド用合金で補綴物を製作する際に、この液…