OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> レジンセメントと実際の臨床使用に際して

レジンセメント 総論

注意

レジンセメントは各社から提供されており、その取扱いや表面処理方法が異なるため使用解説を十分確認した上で使用されたい。

レジンセメントは、その名の通りレジンのセメントである。歯質に対して接着するだけでなく、修復物に対しても接着させることができるので窩洞形成において保持形態を付与する必要性が低いといわれている。ただし、被着面(歯質及び修復物)に対する表面処理は非常に重要であり、修復予後に大きな影響を与える。前処理に関する基本的な手順を以下に示す。

ノンフィラーPMMA系とフィラー含有コンポジット系

レジンセメントは、大きく分けて2種類に分類される。
●フィラーを含有しないPMMA系レジンセメント
●フィラー含有しているコンポジット系レジンセメント
である。

具体的には、動揺歯の固定等に用いるレジンセメント(スーパーボンド等)はフィラーを含有していないPMMA系である。フィラーを含有していないため、靭性に優れ(曲げ応力に対して強い)動揺歯の固定などには適しているものの、咬合力が加わるところなどでは磨耗が生じやすい。

一方、フィラー含有タイプのコンポジット系レジンセメントの硬度は、充填用コンポジットレジンと同等である(フィラー含有率80%前後)。このため、補綴物・レジンセメント・歯質における物性の違いは比較的少なく、長期予後が期待される。

成分

各社の解説に委ねる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
マージンポーセレン、修正用陶材の練和液です。
長年の製造技術と臨床上の使用実績を有し、特に練和性と経済性を…