OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床はじめの一歩 >> ミキシングタイプ(カプセルタイプ)セメントの実際

粉液やペーストタイプの競争力

以上、カプセルタイプの商品に関するメリットを記したが、粉液やペーストタイプに完全に取って代わるものであるとも言い切れないケースもある。本コンテンツではそのようなケースについて簡単に示す。

粉液タイプの競争力

なんといっても“見かけ上のコスト”(1回あたりのセメントコスト)が安いことである。

ただし、
●手練和に関わる“見えないコスト”
●ミキシングシステムの“見えない利益”
を鑑みると、その競争力は意味がないと考える。

粉液・ペーストタイプ共通の競争力

なんといっても、術者の思い通りの量のセメントを練和できることに尽きる。練和するセメント量が多くなると、粉液練和においては不便を感じることがあるが、ペーストタイプであれば問題なく練和できる。

多数歯に対する補綴を行う場合には、ペーストタイプのセメントが活躍する。ただし、ペースト練和において注意しなければならないことは、十分に混和できているか注意しながら練和する必要がある。

ゆえに・・・

カプセルタイプを導入したからといって、粉液タイプのセメントが必要なくなるというわけではないことはご理解いただきたい。

当クリニックのセメント選択ポリシーは・・・
1:各症例に対し最も適した種類のセメントを決定する
2:その種類のセメントにカプセルタイプはあるか
3:2で「ある」場合、カプセルタイプで対応できる症例か

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
<加圧成形用陶材>ジルコニアフレームにプレスして…
2種類の粗さのある研磨ペーストがポーセレン、ハイブリッドレジ…