OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

全身疾患 >> 脳血管障害

脳血管障害後の嚥下反射・咳反射

嚥下反射・咳反射の回復

脳血管障害発症直後は嚥下反射・咳反射ともに低下するが、Kobayashiらの研究によると、

両反射は障害発症後経時的に徐々に回復し、ある閥値以上になったときに、誤嚥・肺炎を起こすリスクを減じることが出来ると示唆されている。

基本的に、嚥下反射の回復は比較的早いが、咳反射は長期にわたって障害が残る傾向にあるため、一見嚥下に問題がないように見えても注意が必要である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
◆三角すい形状の三角超極細毛の3つのエッジで歯面・歯間部の汚…
舌ブラシのベストセラー商品舌乳頭間に入りやすい極細ナイロンフ…