OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

全身疾患 >> 歯科治療との関係

低血圧患者と歯科治療

低血圧とは・・・

低血圧は収縮期血圧が100mmHg以下を示す。
ほとんどが本態性低血圧であるが、少数であるが二次性の低血圧も存在し、中でも、内分泌障害による低血圧患者は、比較的軽微なストレスにも耐えられずショック死を起こす可能性がある。
二次性の低血圧が疑われる場合は内科医などに精査を依頼する必要がある。

歯科治療時の注意点

本態性低血圧の患者は神経質で自律神経失調的傾向が強いので抜歯などを施行する場合は、治療内容や麻酔に対する不安を術前の面接により消去しておき、食事は腹8分目にとり、安定した心身状況で治療に望ませる。

診療体位もノーズ・ニーポジションのような安定位をとらせ、女性の場合、強い弾力のパンティ・ガードルなどの着用をさけて下肢の静脈循環をよくしたり、室内の換気を良くしたりするなどの基本的注意が必要。

二次性低血圧の場合は主治医との対診を行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
特長1:指差し防止に貢献針刺しを起こす一番の原因器材は注射器…
平衡咬合を得るために、理想的な咬合小面が設定されていますから…