OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

全身疾患 >> 歯科治療との関係

気管支喘息と歯科治療

特徴

気管支喘息は気管支の浮腫や平滑筋痙攣、粘液分泌亢進が主要症状である。

このような変化が起こるためには、気管支がアセチルコリンやヒスタミンに過敏状態となっていることが前提で、この状態に種種の刺激が加わって、気管支狭窄という発作的な変化が生じて喘息発作となる。

治療

原因のわかっているものはそれを除去し、回避できないものは脱感作療法を行う。
発作時の治療は軽症状では気管支拡張剤の内服や吸入を行い、さらに中・重症例になると坑アレルギー剤、キサンチン誘導体、β受容体刺激剤、坑コリン剤が用いられる。これでも効果がない場合は経口ステロイド剤の投与が行われる。

喘息患者に注意が必要な薬剤

●非ステロイド系鎮痛消炎薬
アスピリン喘息患者は非ステロイド系鎮痛消炎薬の投与後に喘息発作を起こし、死亡例も報告されている。
しかし、アスピリン喘息を病歴から予測することは困難なことが多く、喘息が疑われる患者への非ステロイド系鎮痛消炎薬の投与は避けることが原則である。

●コハク酸エステル型ステロイド
コハク酸エステル型ステロイドはアスピリン喘息患者には過敏症を起こす危険性があり注意が必要。

●テオフィリンとの薬剤相互作用
気管支拡張薬であるテオフィリンとの相互作用にも注意が必要である。

歯科治療上の注意点

発作の起こる時期と無症状の時期が繰り返すので、コンディションの良い時期に治療を行う。発作の原因になるような痛みや刺激を与えないように注意が必要。

患者は主治医に発作時に使用する吸入剤などの処方をうけていることが多く、それを持参させておく

また長期的にステロイドを投与されている患者もいるため、その患者が感染を起こしやすいことにも留意が必要である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
エース前歯、エース臼歯
シリコーン系弾性裏装材の優れた特性を十分にご活用頂ける補修可…