OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

注意・禁忌事項 >> 薬剤投与と動態

薬剤の母乳移行について

薬剤の母乳移行

母体に投与された薬剤は必ず母乳中に出現すると考えてよい。
その濃度は母体の血中濃度、薬剤の脂溶性、イオン化の程度によって左右されるが、一般に出現する量は、母体に投与された全量の1%に過ぎないことが多い。しかし、初乳中には薬剤が移行しやすく、また母親が腎疾患により腎機能が低下している場合は少量の薬剤であっても高濃度で母乳中に移行する。

乳児の薬物代謝

・生後1週間以内の抱合能(薬物等に他の親水性分子が付加され代謝されること)は成人の1%以下であり、以後生後3ヶ月までに成人の値に近づく。

・腎臓の機能も低いため排泄は低い。

・生後7日以内の新生児の血漿タンパク結合能が低いことも考慮されるべきであろう。

・血液脳関門は生後数日で完成する。

【注意】
抱合を受けて排泄される薬剤が生後早期に投与されると蓄積により副作用が発現しやすい。
血液脳関門が未完成の時期における薬剤投与は危険。

実際の使用

●消炎鎮痛剤の使用
乳児の影響に関してあまり報告されていないが、注意は必要であると考える。
ボルタレンやインダシンは避けた方がよいとの意見もある。

●抗菌薬の使用
・ペニシリンは後に過敏症の危険性を増加させる可能性あり。
・クロラムフェニコールは生後数週間の乳児に関してグレイ症候群をもたらす量は移行しないが、骨髄障害を起こす可能性はある。
・テトラサイクリンの連用により骨・歯牙へ影響する可能性がある。
・ナリジクス酸・サルファ剤は溶血性貧血を起こす可能性がある。

第一選択肢はβラクタム系。
→乳汁中の移行率が低いことはもちろんだが、抗菌力も強く、安全である。

【注意】

ただし腸内細菌叢が変化する可能性があり、ひいては耐性菌の出現を見ることになるので安易な投与は注意が必要。

 

「妊婦への薬剤投与」へ→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません