OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

臨床関連の情報 >> 高齢者・有病者

ご興味のあるタイトルをクリックするとコンテンツ概要がご覧いただけます。

口腔のサルコペニアと摂食嚥下障害

当コンテンツ概要
当コンテンツは、日本静脈経腸栄養学会 第29回学術大会にて、株式会社東京技研の共催により開催されたランチョンセミナー【口腔のサルコペニアと摂食嚥下障害】をOralStudioが取材し、まとめたコンテンツです。
死因からリスクを読み取る
みなさんご存知のとおり、現在【肺炎】は死因の第3位ですが、肺炎死亡者のうち65歳以上の方が占める割合はなんと96.8%で、特に嚥下機能が低下している高齢者では誤嚥性肺炎が大きな問題となっています。誤嚥性肺炎は、唾液や口腔内の汚れ等を少量・頻回・不顕性に誤嚥することで発症リスクが増加します。
窒息の実情:毎日の死亡数
死亡につながる窒息が発生している場所は?誤嚥は誤嚥性肺炎の原因だけではありません。多量の食物を誤嚥した場合は窒息し、適切な対応を行わなければ死に直結します。大変悲しいことですが、食物誤嚥により日本では毎日14.1人の方が窒息死されています。窒息死発生場所を分析すると驚くべき実情でした。
窒息の実情:原因と状態
窒息の原因は?東京都消防庁発表のデータより、救急搬送された人数を世代別にみていくと0~2歳及び60歳代以上で急激に増加していることがわかります。0~2歳においては嚥下機能が未成熟であることや異物飲込みなどの原因を想像できますが、60歳代以上における原因はなんでしょうか?
窒息時の対応
必ず窒息時基本対応マニュアルを作成し、職員間で情報共有しておきましょう。
サルコペニアとは何か?対応は?
サルコペニアとは?広義には「すべての原因による筋肉量と筋力の低下」狭義には「加齢に伴う筋肉量の低下」と定義されます。
食べるために必要な環境と機能とは?
【「食べる」ためには何が大切?】適切な【口腔環境】と【口腔機能】があってはじめて食べることが可能となります。
口腔乾燥に対する当院の対応
口腔乾燥の弊害。口腔が乾燥していると、口腔内の湿潤が失われるため口腔周囲筋の動きが悪くなります。起き抜けのパサパサした口の中を想像してみてください。また唾液はフィルムのように口腔内を覆って自浄作用に貢献しているので、口腔乾燥が発生すると口腔内は汚染されやすい状態になります。また口腔粘膜ももろくなり、傷付きやすくなってしまいます。
口腔乾燥を改善すると…
口腔乾燥が舌の運動機能を障害。口腔乾燥がひどく口腔内に痂皮がある場合、精一杯のあっかんべーもここまでしかできません(左写真)。しかし適切な口腔ケア&保湿剤使用を行うと、ここまであっかんべーができるのです(右写真)。まさに口腔乾燥が舌の運動機能を障害しているのです。口腔ケアをするということは、すなわち、衛生的なお口の環境を整えた上で口が自由に動く・嚥下運動ができるような状態にするということであると再認識させてくれる症例ですね。
無意識で自発的な嚥下リハビリ
私たちは、普段3分に1回、食べているときは20秒に1回、寝ているときは12分に1回、嚥下運動をしています。先のコンテンツでご紹介した患者さんのようなケースでは口腔乾燥への対応をキッチリと行えば舌が自由に動くことができるようになり、覚醒時には3分に1回、1日に約600回、自発的に嚥下運動を行ってくれるわけです。
舌や頬のチカラと摂食嚥下
歯並びを維持するチカラ。一見、嚥下と関係なさそうですが、ちょっと考えてください。みなさんのお口の中の歯は、なぜ今日ここにあり、明日も明後日も移動せずにここに留まっているのでしょうか?
症例紹介:舌機能の低下と舌接触補助床の適用
パーキンソン病のため、舌の運動機能低下により咀嚼(食塊形成)がうまくできない患者さんに舌接触補助床を適用した症例をご紹介します。
症例紹介: 嚥下機能障害-嚥下筋群の機能低下症例
嚥下障害は重大な事故につながるにもかかわらず適切な治療が行われていないというケースが多いものです。食事前に頸部や舌の運動・リハビリを行うことで、食べやすくなる方がたくさんおられます。在宅でも行えますね。
口腔のサルコペニアを予防するために -当院の取り組み-
私は5年にわたり札幌西円山病院で約2000名に対して栄養摂取方法と平均生存日数に関する追跡調査を行いました。その結果、口から食べられなくなった高齢者は体調を崩したり短期間で亡くなる傾向にあることがわかりました。

口腔ケアを再考する2010

口腔ケアを再考する【2010年】
今では口腔ケアというケアがすっかり当たり前のものになってきましたが、現場では大量の口腔ケア情報により混乱されているケースも見受けられます。そんな皆さんに贈る「口腔ケアを再考する」・・・
口腔ケアの役割は微生物コントロール【2010年】
口腔ケアの日々のゴールは何でしょうか?またそのゴールは、なぜそのように設定されるのでしょうか?今一度、口腔ケアを見つめ直して見ましょう。
「微生物って見えないし・・・」まずは敵を知る!【2010年】
口腔ケアの日々のゴールを達成するためには、微生物という見えない敵と戦う必要があります。見えない敵を如何に認識するか、これがもっとも重要となってくることでしょう。
義歯はカンジダのリザーバータンク【2010年】
高齢者の多くの方は義歯を使用されており、またそのうちの多くの方が痛みを訴えられているケースが多いようです。適切な義歯ケアが達成されていると痛みの発生も減少します。
最後に、口腔ケアの流れを確認【2010年】

カンジダ感染について

カンジダ:口の中にカビ(!?)その正体とは?
カンジダとはいったい何なのか!!?口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、外陰膣カンジダ症を引き起こすカンジダ菌について、理解を深めましょう。
カンジダが病気を起こすわけ
カンジダは常在菌です。すなわち、皆さんの体に普通に生息している菌です。ではいったい、どのようなきっかけで病原性を発揮するようになるのでしょうか?ここではカンジダの体内での分布や病原性を示す過程を説明します。
口腔カンジダ症とは?
カンジダが口腔内において病原性を発揮した「口腔カンジダ症」とはいったいどのようなものでしょうか?超高齢化社会の日本において、日々口腔を診ている歯科医療従事者である我々が、注意して観察することが必要であると感じます。
カンジダの知られざる病原性
カンジダというと、口腔カンジダ症のみに目を奪われがちですが、う蝕や歯周病とも密接な関係があるのをご存じですか? 更に、口腔内で増殖したカンジダが全身疾患にも大きく関係していることが近年の研究で明らかとなってきました。ここでは、カンジダの「う蝕」「歯周病」「義歯」「肺炎」「血行性疾患」「アトピー」との関係をご紹介します。
カンジダ症の治療について
前述のコンテンツより、カンジダが様々な為害性を生体に対し及ぼすことがお分かり頂けたと思います。次に大切なことは、カンジダ症を発症してしまったらどのように治療するかということ。真菌に対する薬剤についてもお話しします。
口腔カンジダ症の予防
今までカンジダ、カンジダ症、治療法についてお話してきましたが、最後に口腔カンジダ症にならないためにはどうしたらいいのでしょうか。その予防方法についてお知らせします。
【重要】口腔内のカンジダと全身疾患の関係
口腔内のカンジダは、歯科疾患のみを引起すわけではありません。それよりも口腔内で増殖したカンジダ症が様々な全身疾患に関与していることが明らかとなってきております。このような認識を歯科医療従事者がキッチリと持ち、日々の診療に生物学(細菌学)的視点を導入していただけますと幸いです。

口腔ケア症例

保湿剤を使い分けケアを効率化した実例
ここで、実際に口腔保湿剤を使い分けることでケア時間の短縮および口腔改善に効果があった事例を紹介します。ケア時間の短縮状況などがご覧になれます。
口腔ケア方法変更により効果があった症例報告
疾患や病態などから著明な口腔乾燥があり、口腔ケアに苦慮したケースを報告します。ケア方法を変更することで、ケア状態は格段に向上しましたが、経済的な問題も内包しています。
障害者施設等一般病棟における口腔ケア時間短縮の例
当病棟では多忙な業務のなかで口腔ケアが後回しにされたり、十分な時間をとることができないのが現状です。そこで、短時間で効果的な口腔ケアを行うことを目標に当病棟で行っている口腔ケアの方法を紹介します。
西円山病院歯科診療室における保湿剤利用
当院では、各保湿剤の特徴などを総合的に勘案した上で第一選択肢を決めています。後は患者さんの状態により、複数の保湿剤からその時々にマッチしたものを提供しています。
口腔ケア介入困難事例に対して ― 新しい口腔ケア手法 ―
本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
新しい口腔ケア手法のコンセプト ― 新しい口腔ケア手法 ―
本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
新しい湿潤剤の開発コンセプト ― 新しい口腔ケア手法 ―
本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
湿潤剤を応用した口腔ケアの実際
本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
誤った保湿剤使用例について
本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
歯科臨床インフォメーション 大分県地域リハビリテーション研究会にて
医療チームの一部である病院歯科の衛生士として、誤嚥性肺炎の悪化のため入院された患者様に対するアプローチを示します。外来ではほとんど見ることのない劣悪な口腔内環境を改善することとは?チーム医療とは?改善した先に見えるものとは?

口腔ケア

「口腔機能向上大作戦!!」総論1
概要本稿では、数箇所のデイサービスや保健所より依頼を受け、ご紹介した“デイサービスにおける口腔機能向上等に関するサービス提供の流れや方法”の総論を簡単に説明する。
「口腔機能向上大作戦!!」総論2
本稿では、デイサービスにおけるお口のケア&入れ歯のケアについて簡単に提案した事例である。
歯のケアについて その1(ブラッシング) ― ケアスタッフ情報 ―
摂食機能の低下に伴い食事形態が軟食よりに変化することにより、歯に粘着性の汚れがつきやすくなります。
歯のケアについて その2(歯石) ― ケアスタッフ情報 ―
歯のケアを適切に行っていくと、どうしても取れない汚れを発見することがあります。皆さんも十分ご存知の歯石です。
粘膜のケアについて その1(ケアの前に) ― ケアスタッフ情報 ―
粘膜ケアのポイントは、そのような自浄作用が低下した方々の粘膜衛生状態をできる限り正常に保つことなのです。
粘膜のケアについて その2(ケア順序) ― ケアスタッフ情報 ―
ここでは一般的な粘膜ケアの手順を紹介します。口腔乾燥が激しい方や嘔吐反射を引き起こしやすい方に対するケア
粘膜のケアについて その3(口腔乾燥に対するケア) ― ケアスタッフ情報 ―
口腔乾燥症は口腔内に見られる乾燥症状ですが、その発生(要介護高齢者や有病者において)には全身的な要因が関係しているため、歯科医療従事者単独の介入では解決が難しいと考えられます。
介護サービスにおける口腔ケア&リハについて
本年度より、通所介護サービスにおいて、介護予防の観点より口腔機能向上が盛り込まれることとなった。しかし、実際の介護現場では、口腔機能に関する詳細な知識を持ったスタッフは
口腔ケア 老人性肺炎アウトライン
多くの高齢者は脳卒中により寝たきりになり、肺炎で死亡するケースが非常に多い。要介護高齢者の直接死因の多くは肺炎である。肺炎は日本人の死因別死亡率の第四位であり
口腔ケア 加齢と誤嚥
老人性肺炎(誤嚥性肺炎)の発症に大きく関わる因子として、口腔内の清掃状態と誤嚥(不顕性誤嚥を含む)が関わる事は周知である。口腔内の清掃状態は、その方が置かれている環境に大きく依存するが、
口腔ケア 口腔ケアを導入することによる意外な効果
口腔ケアを導入することによる意外な効果 ここでは、私の臨床経験より感じた、口腔ケアがもたらすちょっとした意外な効果をご紹介します。
口腔ケア 「口腔機能向上大作戦!!」総論
本稿では、先にご紹介したデイサービスでの口腔機能向上サービスの一環である、「食前リハ」について簡単に紹介する。
口腔ケア 「口腔機能向上大作戦!!」各論 ― グループゲーム ―
健常とみられている65歳以上の老人のうち、約半数以上は何らかの脳血管障害を抱えていると報告されている。
口腔ケア 「口腔機能向上大作戦!!」各論 ― 評価 ―
機能向上の評価大学病院や専門医療機関であれば、治療やリハビリテーションの結果に対する様々な評価を行うことは可能であるが、デイサービスや介護事業所において、そのような評価を行うことは現実的ではない。
口腔ケア 摂食嚥下メカニズムについて
摂食嚥下とは、食べ物を認知し咀嚼し、そして嚥下するという一連のシステムの事です。この動作には、口腔組織、筋・神経など多くの組織が関与し、非常にシステマティックに統合されています。

介護新聞より ~口腔ケア~

口腔ケアの重要性
口腔ケアの重要性:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです
要介護高齢者に対する口腔ケアの心構え
要介護高齢者に対する口腔ケアの心構え:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔ケアの手順
口腔ケアの手順:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔ケアの重要性 番外編 ― 1 ―
番外編1Oral Studio創設者の活動徒然:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
有病者に対する口腔ケアの心構え
有病者に対する口腔ケアの心構え:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
有病者に対するケアや口腔乾燥について
有病者に対するケアや口腔乾燥について:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
歯ブラシ選別について
歯ブラシ選別について:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
葉酸・粘膜ケアについて
粘膜ケアについて:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔乾燥について
口腔乾燥について:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔ケア 質疑応答 ― 1 ―
口腔ケア質疑応答 Part 1:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔ケア 質疑応答 ― 2 ―
口腔ケア質疑応答 Part 2:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
介護予防 ― 口腔機能向上 ―
介護予防 - 口腔機能向上 - :本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔ケアの重要性 番外編 ― 2 ―
番外編2勉強会徒然:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。
口腔ケアと誤嚥性肺炎
口腔ケアと誤嚥性肺炎:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
求められるチームケア
求められるチームケア:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
歯科介入なしに口腔ケア
歯科介入なしに口腔ケア:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。
口腔乾燥徒然・・・
口腔乾燥徒然:本コンテンツは、北海道医療新聞社が刊行している介護新聞に連載した内容を改変したものです。介護や医療業界で高齢者・有病者に携わっておられる方の一助になればと考え、コンテンツアップします。

嚥下反射・咳反射

サブスタンスPとは?
一部の医療従事者においてかなり注目を集めている物質であるサブスタンスP(P物質)。物質としての特徴を簡単に示す。
下反射や咳反射に関わるサブスタンスP
摂食嚥下は口腔に大きくかかわりがあり、かつ、全身の栄養維持管理にも大きく影響する機能であるため、歯科医療従事者にとっては基本的事項である。嚥下反射に大きく関わるサブスタンスPについて解説する。
ドーパミン補充療法
サブスタンスPの蓄積(生成)を補助するドーパミン補充法やドーパミン合成促進剤について。
ACE阻害薬
サブスタンスPの蓄積(生成)・放出を補助する効果があるACE阻害薬について
カプサイシン
サブスタンスPの放出を協力にサポートするカプサイシンについて
食事温度
サブスタンスPの放出を補助する食事温度について
葉酸・ビタミンB12欠乏
葉酸とビタミンB12の低下は嚥下反射の低下につながる。葉酸とビタミンB12について”嚥下反射”の観点から簡単に説明する。

義歯床例

歯科臨床インフォメーション 義歯難症例における一対応
超高齢化および歯牙保存的歯科治療が広まるに伴い、今後ますます義歯の難症例が増加するものと考えられる。本稿では、義歯作製のための印象採得や咬合採得が困難なケースに対し,できる限り治療を簡便にし、患者さまへのストレスを軽減するための一対応を示す。
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
振動機能・照明機能付きリトラクター振動機能により、麻酔注射時…
石こう埋没法・寒天埋没法・シリコーンコアー法で使用できる注入…