OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・有病者 >> 口腔ケア

口腔ケア 口腔ケアを導入することによる意外な効果

概要

ここでは、私の臨床経験より感じた、口腔ケアがもたらすちょっとした意外な効果をご紹介します。
介護度が高い方には応用が難しいかもしれませんが、比較的介護度の低い方には効果大です。


ヒトが動機付けられるきっかけとなる感情は、

1.気持ちよくなりたい
2.恥じらいを隠したい
3.ほめられたい
4.楽しみたい

究極にはこの4点に集約されるのではないでしょうか。

しかし人は年を重ねるに従い、これらの感情を素直に表現しづらくなります。
だからこそ、これらの感情を満たすことは、何かを導入する上でも、メンタル的側面からも、非常に有意義で重要なことであるといえます。

口腔ケアは上記感情に大きく関係しており、逆説的には、これらとうまく口腔ケアを絡めることが出来れば、口腔ケアの導入は成功したのも同然です。
さらに口腔内が衛生的になり口腔の機能向上が認められた場合、口腔内に限局した成果だけではなく、全身に対しても興味深い効果が認められると考えます。

・入れ歯を自分で洗ったり装着したりするために洗面台へ移動
・自分で歯磨き(頭を使いながら細かい運動)
・入れ歯を洗う・お口の中を綺麗にする
・さっぱりするために口腔内化粧品を使う等の順序ある

動作を系統立てて実行

・口腔ケアを通して、他人とコミュニケーションを図れる
・食事を味わう楽しみと、より良くなりたいという欲求の出現
・口腔内が快適となり、食事が楽にそして楽しくなるため、咀嚼量&力が増加

まとめ

口腔ケアを導入する際は動機付けの方向を良く考慮すると共に導入後は口腔局所だけに注目するのではなく患者さん個人に対し注意深く観察し注目すべきである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
換気状態が一目でわかる透明ドームで、成人から幼児まで使えます…
はじめはティッシュコンディショナーとしての機能があり、約1週…