OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・有病者 >> 嚥下反射・咳反射

ドーパミン補充療法

ドーパミン補充療法

● 前述の通り、黒質線条体において合成されるドーパミンが不足しているため問題が起こるため、ドーパミンを補充することで間接的にサブスタンスPの合成を促進させる方法である。Kobayashiらは、嚥下反射の低下している患者にレボドバ50mgを20mlの生食に溶かして20~30分かけて静注したところ、嚥下反射は改善されたと報告している。

● 黒質線条体におけるドーパミン合成を促進する内服薬としてアマンタジンがある。
この薬剤はパーキンソン病の治療やA型インフルエンザ、SARSの治療薬としても用いられるものである。
大脳基底核に脳血管障害を持った患者183人を対象にアマンタジン投与を行った3年間に渡る追跡調査では、非服用群(同疾患患者)の28%が肺炎を起こしたのに対し、服用群では6%しか起こさなかったと報告されている。
これは、アマンタジン服用により、黒質線条体でドーパミン合成が促進され、その結果、サブスタンスP合成が促進され、咳反射・嚥下反射の亢進が起こり、誤嚥性肺炎の予防に寄与したのではないかと考えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
常温重合:加熱重合レジンにおいて生じる熱による膨張、収縮が少…
「テテオ じぶんでみがけた 乳歯ブラシセット」は“のど突き防…