OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・有病者 >> 嚥下反射・咳反射

ACE阻害薬

ACE阻害薬(アンギオテンシン転換酵素阻害薬)

アンギオテンシンIIは血管を収縮させ、血圧上昇させる働きがある。ACE阻害薬は、アンギオテンシンI がアンギオテンシンIIへ転換される経路をブロックすることにより、高血圧の治療に効果を示すと同時に、サブスタンスP分解酵素も阻害することがわかっている。
このため、サブスタンスP生成量が低下しているケースにおいても、分解されず残存するものもあるため、サブスタンスP濃度は高くなり、結果、咳反射や嚥下反射は正常化すると考えられている。

嚥下反射が低下している患者にタナトリル(5mg)1Tを一週間内服した後、嚥下反射は正常化したとの報告がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
A、Bと比べ、20mm全長が短くなっています。掌の隠れるコン…
充実の機能ワンタッチ切り替え表示方向のワンタッチ切り替えが可…