OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・有病者 >> 介護新聞より ~口腔ケア~

口腔ケア 質疑応答 ― 1 ―

始めに

今回は私たちの日常往診の中で質問される項目とその答えをケーススタディー形式でお話ししましょう。

口腔ケア専門の職員をおくべきですか?

これは施設における口腔ケア導入の際によくある質問です。
  今までの経験より、特定のスタッフの口腔ケアスキルが上がっても施設全体の口腔内衛生状態は改善されないことが分かっています(そのようなスタッフが常時勤務しているとかりませんので。また歯科が介入したときだけ歯科スタッフが口腔ケアを行うというのは論外です)。

  しかし、いかなる業務でも言えることですが、幹となるスタッフは絶対に必要です。そこで私たちは、各フロアや各ユニットに口腔ケア担当スタッフを1名決めて頂いて、その方を中心として口腔ケアの普及にあたります。
すなわちその方は、施設と歯科医療従事者(特に歯科衛生士)との連絡係になるわけです。同時に、ご利用者様の口腔内アセスメントを行う際にも同席していただき、ケアが必要な場所やケアに必要な道具について学んでいただきます。
そのスタッフを幹として他のスタッフとの連携を図っていくのです。私たちが往診や口腔ケアに伺った際に他のスタッフともお話しし、施設内の総合的な口腔ケアスキルを上げていくのです。施設自体が本気で取り組んでいただければ、3カ月以内には十分機能するようになります。
(居宅においても同様ですが、この場合は事業所単位で勉強会を行うのが最適です)

連携してくれる歯科医院がないのですが・・・

これはなかなかむずかしい問題です。ただでさえ口腔内は未知の部分であり、多種多様な口腔ケアグッズが出ている昨今、専門外のスタッフのみで要介護高齢者様の口腔内を管理することは非常に難しいと感じます。
このようなケースで1番重要となることは、「これは歯科医師に見せるべきか否か」という判断です。
痛みを訴える場合は一度歯科を受診された方が良いかもしれません。御事業所が札幌市内や札幌近郊である場合は、私たちが施設&事業所対象に行っている口腔ケア勉強会をご利用ください。
ご連絡いただければ打ち合せの上、お伺いいたします。また、施設に対する無料歯科検診を行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

どうしても口腔ケアさせてくれない方がいるのですが・・・

この問題はすべての事業所で存在するものではないでしょうか。デイサービスやグループホーム・介護施設においては、嫌がる方に対しに無理に口腔ケアを勧める必要はありません。それよりも他のご利用者様に対する導入が重要です。

  口腔ケアを行うことが一般になれば、嫌がっておられる方も徐々に口腔ケアに興味を示し、最終的には導入が可能となるケースが多々あります。ただしこの場合、こちらから「して差し上げる」ではなく「ご自身で口腔ケアしていただく」というスタンスの方がよりよい結果となるでしょう(自尊心が強い方が嫌がられる場合が多いですね)。
そして徐々にほめながら「ちょっと口の中を見せてね」という感じで巻き込んでいきましょう。

  在宅における場合は、周りの雰囲気から口腔ケアを導入することは難しいので、まずは入れ歯の洗浄によりすっきり感を体験していただいたり、新しい歯ブラシを試していただいたりと、少し日常と違うことを行うことにより徐々に口腔ケアを導入していきましょう。

新しい入れ歯を作っても入れてくれない、食事量も減ってきたどうしよう?

意思疎通が困難な場合は、新しい入れ歯を作っても使用していただくことが困難なケースがよくあります。正直、私たちも困ります。ただ、意思疎通がある程度可能な場合は、ほとんどのケースで新しい入れ歯を入れ、食事量を増加させることが可能だと考えます。

  以前にも述べましたが、口腔ケア(特に粘膜ケア)を一般的に導入するようになり、患者様の新しい入れ歯に対する許容力が大きく広がりました。もちろん、食事量も増加しています。この理由は、粘膜ケアを行うことにより口腔周囲の筋がリハビリされ、唾液分泌量も増加し、口腔粘膜の入れ歯に対する許容力が広がるのです。また口腔内が清潔に保たれるため入れ歯による傷や口内炎ができにくくなります。体重が3キロ増減するだけで入れ歯は合わなくなるものです。入れ歯が緩い場合は別として多くの場合、口腔ケア導入で解決されます。

在宅で歯を削ったり抜いたりしても大丈夫でしょうか?

これはケースにより可能な場合と不可能な場合があります。
この点に関しては、北大地域支援医療部のドクター(現在は退職)とよく議論になるのですが、私たちの見解は、"可能な限り避けるべき"であります。

  歯科医師にとって歯を抜いたり削ったりすることは日常的なことですが、あくまで健康な方を対象とした場合です。
さまざまな全身疾患や障害をおもちの方に対してこれらの処置を医療施設以外で行うことは、目に見えない様々な生命にかかわるリスクを含んでいるのです。ゆえに、往診で行うことのできる虫歯の治療・抜歯をきちんと判断することが必要です。

  虫歯の治療でいますと、水を吐きながら歯を削るような道具を使用することは非常にリスクが高いので私たちは行いません。彫刻刀のようなものや水を使わず削る道具で処置できるものに対してのみ往診で対応します。歯を抜く治療は、すでにぶらぶらして抜けそうな場合のみ行います。それ以来の場合は、当方でクリニックまでお連れして管理の元、治療を行います。ケースによっては北大病院と連携の上治療に当たります。

口腔ケアグッズに差はあるのですか?

私たちが関係している介護従事者や医療従事者の方の多くは、私たちのお勧めした口腔ケアグッズをご自身のために使用されております。
口腔ケアグッズは、ある程度良いものを揃えても安いものとの差は数百円程度にしかなりません。良いとされる口腔ケアグッズに少しでも「ホントに良いの?」と言う疑問がある方は一度お使いになられる事をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
患者さんにはあくまで優しく、先生方には扱い易くしかも適確なリ…
この薬の作用と効果について中枢において痛みに関与しているプロ…