OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・有病者 >> 介護新聞より ~口腔ケア~

求められるチームケア

最近の悩みどころ 

訪問歯科治療や訪問口腔ケア活動に従事していて切に思うことがあります。それは、「もし私達に栄養学的な知識や指導経験があれば、あるいは管理栄養士の先生と連携が取れれば・・・」とか、「PT、ST、OTの先生方と効率的に連携できれば・・・」という思いです。

  ある程度の規模の病院の一部の歯科であれば、比較的簡単にそれらの先生とのパスは構築でき、実際のサービスに繋げることができるのでしょうが、単科として往診している場合、なかなか成しえないのが現状です。
理想的には管理栄養士や言語聴覚士の先生方にスタッフになって頂くのがベストだと考えますが(私達にとっても非常に勉強となります)、まだそこまでシステム及び組織を構築できていないのが現状です。熱い思いの先生方がおられましたら是非ともご連絡くださいませ。

例えばこんなケース~その1~

全身状態は比較的良好で、摂食嚥下にも特に問題がない患者さんの場合、医師からの診査や栄養士の判断で普通食を提案されているケースが多いのではないでしょうか。
ですが、“ヘルペス性口内炎の多発”、“口角炎のため開口が困難”や“義歯の不定愁訴”といった、口腔内という小さな局所における不具合のために十分な食事量(カロリー)を摂取できない方が(施設や病院においては食事管理が行き届いているためそのようなことはないかもしれません)在宅においてよくおられます。
また施設においても、食事量の低下から口腔内の問題の可能性にスタッフが気付かれ、私達に往診依頼されるケースも非常に多いのです。
現在、国の方針として高齢者ケアを在宅にシフトする流れができ始めております。以上の事を鑑みると、医師や栄養士の指導の下、食事形態を決定した上で、もし何らかの問題があった場合は速やかに歯科医師の診察が必要だと感じます。
特に独居や高齢者のみの在宅においては、摂食状態の現状把握が比較的難しくなるため、注意が必要ではないでしょうか。その患者さんに適した食事を提供するためにも、歯科医師をうまく活用されるとスムーズに行く可能性があると感じます。

また反対のケースとして、私達が治療やケアにお伺いしている患者さんに対して、食事管理や栄養管理について注意が必要と感じるが、特にそのようなサービスを受けておられない場合があります。長年入れ歯を入れておらず、リハを兼ねつつ新しい入れ歯を作成した場合には、やはりいきなり普通食から始めるのが困難なケースもございます。ある程度の食事形態等に関するアドバイスはできますが、全身栄養状態を鑑みた提案までは行えないのが現状です。ゆえに、栄養士の先生の連携を願うのです。

例えばこんなケース~その2~

患者さん本人及び家族の希望として言語リハを希望されているが、現在の状態では改善が認められないと考えられ(またご家族や本人を含め)、そのようなサービスが導入されていないケースです。栄養供給は胃瘻により行われていますが、口腔周囲筋機能低下の抑制、顎位の保持及び審美的要求を満たすため入れ歯を作成することとなりました。
しかし、口腔内感覚が鋭敏になっていたため、まずは機能的口腔ケアから行いました。すると、表情の緊張が解け、舌の動きに改善が認められたため、ご本人と御家族と話し合った結果「言語リハもやってみよう」ということになり、現在行っております。

  当初は「あ~」しか発音できなかったのですが、開始1ヶ月以内に「あ行」は私達も認識できる程度になり、現在お孫さんの名前を発音できるよう努力されております。現在は表情の緊張も解け、義歯作成も同時並行で進めております。往診の度に「言語リハの専門家(STの先生方と)とコラボレーションできれば、もっと早く結果が出せるに違いない」と感じます。

まとめ

一人の患者さんに対する情報共有は、介助されている方や各種専門家の間で実際に問題なく行われています。ですが、臨床の現場において、共有した情報から各種専門家が実際の治療や予防として何らかの処置を行い、その結果を共有し次に繋げていくこと(状態の維持と向上に)が重要だと感じます。
かく言う私も、日常に忙殺され、なかなか行えていないのが現状ですが、是非とも皆様とそのような協力し合い、患者さんにとってより良いサービスを提供できればと日々考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
大人気のオーラルケア歯ブラシ「ラテリエ」にコンパクトサイズが…
「治療用義歯」や「スペアー義歯」、「暫間義歯」などの目的で使…