OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・有病者 >> 口腔ケア症例

湿潤剤を応用した口腔ケアの実際

はじめに

情報提供:菅 武雄先生(鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座・歯科医師 介護支援専門員)

ここでは、口腔湿潤剤を応用したケアの流れを解説します。
前稿でも紹介した本法の原則は「常時の保湿」により口腔環境を改善・維持し、そのうえで「残存歯のブラッシング」を咽頭落下流入させずに行い、また「粘膜のケア」を清掃とリハビリテーションの両面から提供するというものです。
保湿からはじまる口腔ケア=常時の保湿+(残存歯のケア+粘膜のケア)です。

常時の保湿

本法による口腔ケアの基本は「保湿」です。
「常時の保湿」こそが、口腔ケアの前提条件と考えています。口腔機能が低下すると舌は動きが悪くなり、咀嚼筋をはじめとする口腔周囲筋の活動が低下します。活動量が低下すれば、唾液も出なくなります。
さらに開口状態が続けば、口の中はどんどん乾燥してしまいます。乾燥するから、さらに動きが悪くなり、結果的に口腔機能はどんどん低下してしまうのです。

口腔機能が低下し、廃用症候群に陥り、唾液も止まってしまい、さらに開口状態が続いて口腔乾燥状態が悪化しているような状態の患者さんにまず必要なのは、保湿です。

これまでもドライマウス(口腔乾燥症)の患者さん用の保湿剤を流用したケア例はありましたが、良い結果が得られていないどころか、有害事例も存在します。各商品の特性を良く理解したうえで、効果的な選択を行う必要があると感じます。

保湿方法の一例

①スポンジブラシを水で湿らせます。
コップの水に漬けた後、軽く絞るか、コップの縁に2~3回振り当てて水気を切ります。湿らせる目安は、スポンジから水が垂れない程度とします。
②スポンジブラシに湿潤剤を適量取り出します。
垂れないようにスポンジブラシを回しながら巻き付ける感じで2cmほどを用います。

③最初に口唇全体に塗布します。これによりケア時に口唇を伸展しやすくし、痛みも軽減できます。
④口蓋、頬粘膜、舌などの口腔粘膜全体に塗布します。垂れないように注意します。数時間ごとに塗布すると、保湿効果が高まります。スポンジブラシは回転させるように用いると効果的です。

残存歯のケア

ブラッシングに湿潤剤を用いることで、咽頭に水や湿潤剤を落下流入させないことが期待できます。湿潤剤を歯磨剤に準じて用い、ブラッシングで遊離させたプラークを湿潤剤で保持し、湿潤剤ごと口腔外に回収するという考え方です。水分やプラークを咽頭落下流入させずにプラークコントロールすることが可能になります。
実験結果では、給水・吸引ブラシを併用すれば、歯ブラシのみ使用時に比べて有意に所要時間が短く、効率的であることがわかっています。
また、湿潤剤を使用することで、ブラッシング時にプラークなどを咽頭に落下流入させず、安全な口腔ケアになるのです。

残存歯の清掃方法

残存歯の清掃は、湿潤剤を水の代わりに用いてブラッシングを行うことで、咽頭へのプラークや水の落下流入を防止します。

1.ケア方法1 (通常の歯ブラシを用いる場合)
①歯ブラシに湿潤剤を1 cmほど出します。
②残存歯全体に薄く伸ばすように塗布します。除去したいプラークは乾燥していると硬くなり、除去が難しくなります。歯面に薄く塗布するのは汚れ(プラーク)を軟化させ、ブラッシングの効果を高め、除去回収を容易にするためです。
③ブラッシングを行います。ブラッシング方法は、ストロークの小さい横磨きが適しています。歯面を狙うと同時に、歯肉との境目と歯間部を重点的にブラッシングします。補助的清掃器具(歯間ブラシ、フリーアングルブラシなど)を併用するのも効果的です。
④ブラッシングが終わった歯の湿潤剤を口腔内から回収します。回収方法は、ブラシでジェルをすくい取り、コップの水で洗うかペーパータオルなどで拭き取ります。

2.ケア方法2(給水・吸引ブラシを用いる場合)
①ブラシに湿潤剤を1cmほど出します。
②残存歯全体に薄く伸ばすように塗布します。このときはまだ給水機能、吸引機能は使用しないのがコツです。
③吸引機能の電源を入れて吸引を開始します。この段階で吸引を始めるのは、ブラッシングにより湿潤剤がタダマになって垂れやすくなることを防ぐためです。
④残存歯のブラッシングを行います。ブラッシング方法はストロークの小さい横磨きで行います。
⑤給水および吸引します。ブラッシングの終わった部分に給水を行いながら、湿潤剤を吸引除去します。

口腔粘膜のケア

口腔乾燥を有する場合の全介助による口腔ケアは、非常に手間と時間を要するものです。剥離上皮の除去にピンセットなどを用いて毎日20分を要している例もありました。
また、乾燥状態の剥離上皮の除去は出血や疼痛を伴い、そのことでケアワーカーでは担当できず、看護師の大きな負担になっている場合も多く目にします。
常時の保湿はケア時の剥離上皮の除去を容易にし、ケアの時間を短縮させ、剥離上皮の除去に出血や疼痛を伴うこともなくなります
術前に1444CFU検出されたCandidaalbicansが湿潤剤を用いたケアで、短期間に検出限界以下にコントロールできた例もあります。
また、摂食・嚥下リハビリテーションの間接訓練としての口腔ケアにも湿潤剤の応用は有効です。

1.剥離上皮の除去方法
常時の保湿をケアの前提とします。保湿されていない場合は、口腔湿潤剤を塗布して、しばらく時間をおくとよいでしょう。
①スポンジブラシに湿潤剤を少量取り出します。このときにはスポンジブラシを湿らせる必要はありません。
②除去したい剥離上皮に口腔湿潤剤を塗布します。塗布は少し圧力をかけて、広げる気持ちで延ばします。後方から前方に向かって塗布・圧延すると垂れにくくなります。特に剥離上皮が厚く、乾燥している場合には塗布して軟化させながら何回か行います。
③剥離上皮を除去します。保湿、軟化した部分から、スポンジブラシを回しながらからめ取るように除去します。スポンジブラシは回転しながら用いると効果的です。また、スポンジの「かかと」 (エッジ部)も効果的に利用して剥離上皮を前方に向かってはがしていきます。スポンジブラシの柄の弾力も利用します。
④ブラシに付着してきた上皮を水中で洗い取るか拭き取ります。右手でブラシを保持し、左手にガーゼやティッシュペーパーを持つと効率的です。
⑤最後に湿潤剤を口腔粘膜全体に塗布して保湿します。口腔ケアと次のケアまでの間、継続的に保湿する目的です。

2.粘膜のマッサージ方法
マッサージを行うときの基本は、口腔粘膜が保湿されていることです。
①スポンジブラシを水で湿らせます。垂れない程度に軽く含ませるだけで十分です。滑りを良くするためです。
②スポンジブラシに湿潤剤を適量(2cmほど)取り出します。この時、ブラシを回転させながら、スポンジ部分に巻き付けるようにすると垂れません。
③マッサージを行います。口蓋、頬粘膜、舌などマッサージを行う場所に湿潤剤を塗布し、後方から前方に向かってマッサージを行います(図b)。塗布の際には湿潤剤が垂れないように少量ずつ使うのがコツです。
④刺激唾液が認められてきたら、咽頭落下流入を防ぐために湿潤剤の量を少なくします。ケアを継続していると、唾液が出るようになり、口腔内が潤ってくることをよく経験します。

まとめ

口腔湿潤剤を応用した介助による新しい口腔ケア手法について紹介しました。
本法は「常時の保湿」を前提条件として、残存歯のケアと粘膜のケアを合理的にミックスさせた方法です。
具体的には、残存歯には咽頭落下流入のない安全なブラッシング、粘膜に対しては剥離上皮などの清掃と口腔機能の向上を提供できるものです。
このケア手法は介助による日常的な口腔ケアのすべての対象者に応用できると考えています。
さらに単に口腔衛生や機能向上だけにとどまらず、 "口腔環境の改善"を視野に入れれば、その応用範囲は非常に広いと考えられるのです。
今後、この手法を発展させて「口腔内科」的な手法を開発したいと考えていますが、歯科から提案する知識や技術が多職種連携の時代に有効な医療・看護・介護の架け橋になれば、と願ってやみません。

情報提供:菅 武雄先生(鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座・歯科医師 介護支援専門員)

コンテンツ作成における参考文献:
・看護技術Vol.53(2007).メヂカルフレンド社
・老年歯科医学 第21巻,第2号,130~134





参考文献
1)菅武雄:口腔ケアハンドブック、日本医療企画、 2002
2)菅武雄・他:湿潤剤を応用した要介護高齢者の口腔ケア、老年歯学、 19 : 13-15、 2004
3)菅武雄・他:口腔湿潤剤を用いた口腔ケア手法、老年歯学、 21 : 130-134、2006
4)中谷敏恭・他:給水・吸引ブラシ「ビバラック」の特徴、老年歯学、 16:379-382、 2002
5)金川克子・他:看護技術の歩んだ道「清潔」、看護技術、 35(8):68-74、 1989
6)菅武雄:保湿からはじまる口腔ケアジェルエット学術サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
SRオーソシットPE (臼歯)は、下顎運動の咀嚼機能を発揮で…