OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

OralStudioお勧めコラム >> 患者教育

ご興味のあるタイトルをクリックするとコンテンツ概要がご覧いただけます。

歯ブラシ

ミクロが変える臨床視点 歯科用歯ブラシ
歯科医療従事者にとって歯ブラシはあまりにも一般的なものであるが、実際の拡大像を確認したことはあるだろうか?このコンテンツでは、一般的な歯科用歯ブラシの毛先加工状態を光学顕微鏡および電子顕微鏡レベルで確認することを目的とする。
ミクロが変える臨床視点 一般流通用歯ブラシ
セルフケアにおける歯ブラシ選択の重要性を患者に訴求するためは、市販の歯ブラシを知る必要がある。このコンテンツでは市販の一般的な歯ブラシの毛先加工状態を光学顕微鏡および電子顕微鏡レベルで確認することを目的とする。

公衆衛生学

公衆衛生のおさらい
当コンテンツは、文部科学省の一種教員免許の認定講習に使用した資料をベースに作成しております。公衆衛生専門家の方々からみて不適切な表現等もある可能性がございます。その際は、是非ともご指摘頂けましたら幸いです。よろしくお願い申し上げます。
公衆衛生の歴史
ここでは、公衆衛生学・衛生学の歴史を振りかってみます。歴史がわかることにより、公衆衛生学の役割を理解することができます。
公衆衛生と歯科の関わり
公衆衛生は、「共同社会の組織的な努力を通じて、疾病を予防し、寿命を延長し、身体的・精神的健康と能率の増進をはかる科学・技術である」
虫歯の悲劇
子供の虫歯は減っているといわれるものの・・・こんなことでいいのでしょうか?どうすればいいのでしょうか?虫歯は治療したら完全に治るものではありません。治療した部分と自分の歯の境から再び虫歯が発症したり、虫歯になり易い生活習慣を続けたりしていると、再発・新しい虫歯の発生が繰り返されます。
歯周病の悲劇
歯周病は様々な原因により発症し、増悪します。その一番大きな原因は、歯石の沈着から始まるハグキの破壊です。定期的に歯石を除去し、お口の中の歯周病菌の数を減らす努力を行う必要があります。そのためには定期的な歯科受診が不可欠です。
歯科医療費のお話
悪性腫瘍の治療にかかる医療費全体の8.7%であるのに対し、歯科疾患にかかる医療費は7.6%。命のリスクがある悪性腫瘍の医療費と対等になる歯科疾患の一番大きな理由は「一度悪くなると生涯にわたって増悪する生活習慣病」という特徴があるからです。
学校歯科保健活動
歯科疾患は生活習慣病であり、一度かかってしまうと将来にわたり増悪する性質があります。このため、比較的早い段階から「適切な生活習慣」を身につけさせると共に、乳歯・永久歯という「虫歯になり易いがフッ化物などの予防効果も高い段階」にアプローチすることも非常に意義があります。
現場での対応
ここでは、実際に現場で遭遇するであろう歯科が関係する事故や疾患をあげて簡単に対応をご説明します。
【押さえておきたい歯科衛生のお話】 虫歯の原因
ここでは、虫歯のできる原因を学ぶことを目的とします。「なぜ、虫歯が生活習慣病なのか」「どうすれば予防することが可能なのか」について少し気づいて頂ければ幸いです。
【押さえておきたい歯科衛生のお話】 虫歯の予防
ここでは虫歯の予防についてお伝えします。先のコンテンツ【虫歯の原因】と合わせてごらんください。「間食がなぜ悪いか?」「キシリトールやリカルデントがなぜいいか?」「フッ素塗布はいかがなものか?」など…
【押さえておきたい歯科衛生のお話】 歯周病の予防
ここでは歯周病の予防についてお伝えします。ところで歯周病っていったいなんでしょう?そのあたりの整理からはじめましょう!
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません