OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

>>

止血剤処理が象牙質とボンディング材接着に及ぼす影響

止血剤処理が象牙質とボンディング材接着に及ぼす影響

研究キーワード 止血剤,象牙質接着,AFM観察
出典 菅島 正栄ら: 日歯保存誌 51, 9-15, 2008
研究者所属 奥羽大学歯学部 口腔病態解析制御学講座 歯科薬理学分野
研究概要 歯面に唾液・血液・水分などが付着していると接着に強く影響するのは、みなさんご存知であろう。
しかし、一般臨床においては日々直面する悩ましい課題である。さらに、ボスミン等の止血剤は歯面に付着すると、水洗しても残存することが報告されている。

本研究の目的は、レジン修復時の止血剤(ボスミン)の使用によるレジン-象牙質の接着強さや様々な処理による象牙質表層の形態変化を調べたものである。

方法
(1) 試料作成
ヒト抜去大臼歯の象牙質面を露出、研磨し実験に使用した。実験群としては
「象牙質未処理群(コントロール)」
「象牙質 リン酸処理群(スコッチボンドエッチャント15秒)」
「象牙質 ボスミン処理群(15秒処置群と1分処理群)」
「象牙質 希塩酸処理群(10%15秒)」
の5群とした。
なお、上記5群の各試料を、処理面AFM観察するものと圧縮剪断試験を行うものにわけた。

(2) レジン-象牙質接着操作について
使用したボンディング材はクラレ社のMega Bondである。コンポジットは同社AP-X。

(3) 圧縮剪断試験
各試料を37度湿度100%環境に24時間放置後、圧縮剪断試験を行った。

結果
表面性状(AFMによる)
コントロールの象牙質面と比較して、リン酸・希塩酸を作用させたものは表層の凹面が減少しより平坦な面になった。
15秒もしくは1分間ボスミンを作用させものは、コントロールと比較して凹凸を示す表層であった。さらに、1分間処理においては、15秒処理のものより少ない凹凸を示した。

圧縮剪断試験
1.コントロールと比較して、リン酸処理群および塩酸処理群は統計学的に有意に低い値となった。

2.ボスミン処理の両群(15秒及び1分間)は、コントロールよりも高い値となった。ボスミン15秒処理群と1分処理群の結果に差はほとんど認められなかった。

上記の限定された実験条件下においては、ボスミンには何らかの歯面処理効果があり、その結果、レジン-象牙質接着を強めることがわかった。
さらに、象牙質処理面の形態学的観察ではボスミン15秒処理と1分処理の間に差が認められたが、接着強さには差がないことより、ボスミンに含有されている何らかの成分が影響している可能性が示唆された。
臨床との融合 今回の検証は、ボスミン使用下における、レジンの短期的な接着強さに関するものだけである。今回の結果では、ボスミンがレジン-象牙質接着強さを高めることが示唆されたが、これらの結果は短期的なものである可能性も否めない(レジン象牙質界面の張機耐久性を保証するものではない)。
すなわち、臨床においては本論文で検証されている以外の多くのファクターが影響するため、慎重に使用されたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません