OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

新素材 >> 新素材

CPP―ACP配合製品使用の実際

概要

現在、CPP-ACP(リカルデント)が配合されている製品は、特定保健用食品であるリカルデントガムとMIペーストである。

リカルデントは、安全で効果的に口腔内を再石灰化ができる。
リカルデントガムに含有されているCPP-ACPは、約5分間咀嚼すると、ほぼ完全にガムから放出されることが示されている。
また、ガムを噛んでから3時間後もCPP-ACPは歯面に局在していることが確認されている。

ワンポイント

エビデンス:CPP-ACPによる動物実験での齲蝕予防効果でも示したとおり、CPP-ACPはフッ素の存在により、再石灰化効果は増強する。
フッ化物も関与した再石灰化プロセスによって耐酸性のミネラルが形成されることが、さら脱灰されにくい歯質の形成につながっていく(フルオロアパタイト形成)。

また、前述の通り、CPP-ACPはリカルデントガムだけではなく、歯科医院専用製品であるMIペーストにも応用されている。
MIペーストには、10%w/wのCPP-ACPが配合されている。
MIペーストの一般的な使用方法としては、フッ素入りペーストを使用してブラッシングした後、ペーストを(MIペースト)を綿棒や歯ブラシを使い直接歯面に塗布し、その後極力嗽を控えて長く歯面にCPP-ACPを留まらせるようにする。
プロフェッショナルケアとしてラバーカップを使用して歯面に塗布することもある。
またホームケア一つの方法として、就寝前にMIペーストを適量とり、就寝中にエナメルパックを行うことも有効であろう。これは非日常的なケアゆえ、習慣づけに役立つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません