OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病の治療をすると糖尿病の状態は改善するか?

Effect of non-surgical periodontal therapy on glycemic control in patients with type 2 diabetes mellitus.

Effect of non-surgical periodontal therapy on glycemic control in patients with type 2 diabetes mellitus.

研究キーワード プロービングポケットデプス、HbA1C、2型糖尿病、糖尿病
出典 Rodrigues DC, Taba MJ, Novaes AB, Souza SL, Grisi MF. Effect of non-surgical periodontal therapy on glycemic control in patients with type 2 diabetes mellitus. J Periodontol. 2003 Sep;74(9):1361-7. Erratum in: J Periodontol. 2004 May;75(5):780. PubMed PMID: 14584871.
研究概要

[目的]
2型糖尿病患者における歯周病の非観血処置は糖尿病の状態を改善するかを検討する。

[研究デザイン]
ランダム化比較試験。

[研究施設]
ブラジルの大学病院。

[対象患者]
2型糖尿病を有する歯周病患者30名

[暴露要因]
fullmouthSRP+アモキシシリン(Group1:G1), fullmouthSRP(Group2:G2)

[主要評価項目]
プロービングポケットデプス、HbA1C

[結果]
プロービングポケットデプスはG1では0.8±0.6mm(p<0.05)、G2では0.9±0.4mm(p<0.05)減少した。アタッチメントレベルは有意差なし。HbA1Cは両グループで3ヶ月後に減少したが、G1に有意差なし、G2に有意差あり。空腹時血糖の変化には有意差がなかった。

臨床との融合

歯周治療によって2型糖尿病患者の血糖コントロールは改善されたが、有意差はなかった。
(レベル2-:さらに小規模(全体で50例未満)のランダム化比較試験、クロスオーバー試験(ランダム化を伴う)、オープンラベル試験(ランダム化を伴う))


ガイドラインコンテンツ
歯周病の治療をすると糖尿病の状態は改善するか?」を確認する

PubMedへのリンク http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14584871

参考文献:「糖尿病患者に対する歯周治療ガイドライン」

各種学会情報はこちらから→
歯周病治療関連のセミナー情報はこちらから→
歯周病治療に関する動画はこちらから→
歯周病治療の製品情報はこちらから→

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
SONICflex prep goldは、ゴールドインレーや…
【効能・効果】《適応菌種》ミノサイクリンに感性のアクチノバチ…