OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

高齢者・ケア >> 高齢者・ケア

歯科治療による高齢者の日常生活活動の改善

歯科治療による高齢者の日常生活活動の改善

研究キーワード 日常生活活動,機能的自立度評価法,歯科治療,口腔機能
出典 鈴木 美保ら:老年歯学, 3, 265-278, 2007
研究者所属 藤田保健衛生大学医学部リハビリテーション医学講座
研究概要 この論文は、「高齢障害者の日常生活活動(ADL)能力など全身状態へ及ぼす歯科治療効果に関して」介入研究を行っている。協力歯科医療サイドは全国12歯科医師会であり、527名の治療対象者に対して層別無作為化対象研究を行った。

具体的な方法は、
(1) 先ず527名を検診し、対照群(治療なし)255名と治療群272名に分類した。
(2) 治療群の治療を始める前に、全員に対し「前調査」を行った。
(3) その後、治療群に対しては8週間の治療を行った。
(4) 治療が終了した後、前調査と同様の「後調査」を行った。

調査項目の概要を以下に列記する。高次脳機能・ADL・QOL・食事内容・口腔機能評価・口腔の客観情報・face scaleである。なお、歯科治療と調査票による評価は各地の協力歯科医師が行った。

~両群の前調査と後調査の差の比較より~
治療群において:
ヒトの見当識・ADL項目合計・face scaleが有意に改善。

~治療群と対照群の差について~
口腔内評価における食べたときの痛み、歯肉の腫れ、咀嚼、上顎義歯脱着自立度、口腔清掃回数、清掃用具、発音の明瞭度に、また口腔の客観情報については口腔清掃状態の食物残渣、口臭の改善に治療群と対照群の差があった。

~義歯治療に関連して~
部分床義歯の場合にADL改善が大きかった。
臨床との融合 高齢障害者のADLやQOLの低下に、歯科的原因は数多く存在する。咀嚼能の低下・口臭・コミュニケーション能力(特に発語・発音)の低下、呼吸器への感染源となりえるリスクなど、歯科口腔由来のADL阻害因子を改善・解決することは歯科医療従事者の責務であろう。
全身状態を鑑みた上での患者さんに適した歯科治療及び歯科的介護がマットウに普及することを望む。






このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
A、Bと比べ、20mm全長が短くなっています。掌の隠れるコン…
●加熱重合レジン 明るさと透明性をもたせ、患者の歯肉を反映さ…