OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

スペシャルコンテンツ >> オールセラミックス

3M ラヴァTM オールセラミックシステムについて

ラヴァTM オールセラミックシステムとは?

ラヴァTM オールセラミックシステムは、前臼歯のオールセラミッククラウン及びブリッジ製作用CAD/CAMシステムです。フレームワークはジルコニアで、築盛には専用の前装用ポーセレンを使用します。
フレームワークは、CAD/CAMシステム(スキャニング、コンピュータ支援設計及び製作)により、半焼結ジルコニアから製作します。
切削されたフレームワークは特殊な高温のファーネスで焼成されて、高強度の修復物となります。
焼結の際の収縮はあらかじめ補正されており、優れた適合が得られます。
以下、にラヴァTMスキャン(光学式3Dスキャナ)・ラヴァTMフォーム(コンピュータ制御ミリングマシン)・ラヴァTMサーム(専用ファーネス)・ラヴァTM・フレーム(ジルコニア製フレームワーク)を示します。

ラヴァTMスキャン(光学式3Dスキャナ) ラヴァTMフォーム(コンピュータ制御ミリングマシン)ラヴァTMサーム(専用ファーネス) ラヴァTM・フレーム(ジルコニア製フレームワーク)

次に、各システムの作業工程を示します。まず示すのは、光学式3Dスキャナにより模型の3Dデータを作成しているところです。

以下にお示しするのは、3Dデータをベースに、ミリングマシーンがジルコニアブロックを削りだし、セラミックコーピングが完成するまでです。


開発の経緯

患者に高い審美性及び生体適合性の修復物を提供するために、臼歯部で長期安定性を有するオールセラミックの多数歯ブリッジを製作するための調査の結果、分散強化型ガラスセラミックスと浸透型セラミックスでは限界があることが判りました。
分散強化型ガラスセラミックスなどに関する詳細はこちらをクリック

そのような中、多結晶型セラミックス(酸化ジルコニウム)のフレームワークでは、その限界を乗り越えることができることがわかりました。
そのため、臼歯部のブリッジにもより適していると考えられます。酸化ジルコニウム(ジルコニア)は優れた強度と生体適合性が既に認められており、人工股関節でも使用されています。
さらに近年のコンピュータ処理の向上により、CAD/CAMの自動化されたプロセスにより、高い自由度で設計されたフレームワークを、製作することができるようになったことも見逃せません。
望ましい修復物は、ジルコニアセラミックスに関する正確な知識と共に精密な計測及び加工技術により得られます。
ラヴァTMオールセラミックシステムは、これまでに得られていた材料の知識と新たに開発された最新式のスキャニング及びミリング技術から開発されました。このシステムによって今日市販されているセラミックの中でも耐久性と審美性が非常に高い修復物を技工士、歯科医師そして患者に提供できます。


生体適合性

オールセラミック修復は口腔内での安定性及び生体適合性に関して優れていると考えられます。プラークの付着も天然歯とほぼ同等です。(メタルフレームの場合と異なり)セラミックの熱伝導率は低いので、温度変化による過敏症は考慮することがなくなります。


代表的物性値一覧

(社内及び外部データから得られた代表的な値です。性能を保証するものではありません)

ラヴァTM・フレーム
曲げ強さ(Punch Test) (ISO 6872)1100MPa以上
ワイブル強さ(σ0)(3-Punkt)1345MPa
破壊抵抗(5年で2%発生)615MPa
弾性係数(E)205Gpa以上
ワイブル係数(m)10.5
クラック成長係数(n)50
破壊靭性(KIC)5~10MPa m1/2
熱膨張係数(CTE)10ppm
ビッカース硬さ(HV 10)1250
融点2700℃
結晶粒度0.5μm
密度(ρ)6.08g/cm3
溶解度(ISO 6872)0μg/cm2

ラヴァTM フレームの修復物形態の強度

臼歯部の3歯ブリッジの破壊強度
a)初期値(24時間後) 約1800N
b)咀しゃく荷重サイクル及びサーマルサイクリング後 約1450N

前歯部の3歯ブリッジの破壊強度
a)初期値(24時間後) 約1430N
b)250Nの咀しゃく荷重サイクル後(臨床的には5年間に相当) 破壊はなかった。

ラヴァTMスキャン :許可番号 14B1X0010
ラヴァTMフォーム :許可番号 14B1X0010
ラヴァTMサーム  :許可番号 14B1X0010
ラヴァTM・フレーム:認証番号 218AIBZX00022000

<3M>、<ESPE>、<ラヴァ>、<コジェット>、<ケタック>、<ロカテック>、<リライエックス>、<ビトレマー>は3M ESPEまたはその関連会社の商標です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
関連製品が見つかりません
関連する製品使用臨床例が見つかりません
関連セミナーが見つかりません