OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯科麻酔学 >> 笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法に関する概要

笑気ガス(N2O)薬理学的性質

常温で気体のガス麻酔薬である。麻酔作用そのものの作用は弱く、笑気単独で全身麻酔状態を得るのは困難で、他の麻酔薬、神経遮断薬、麻薬などと併用される。濃度効果や二次ガス効果など、他の吸入麻酔薬では得られないような特徴を有する。高濃度(50~70%)が全身麻酔薬として、低濃度(20~30%)が吸入鎮静法として用いられる。

血液/ガス分配係数0.47
脳/血液分配係数1.1
脂肪/血液分配係数2.3
MAC105%
導入・覚醒速い
気道刺激性なし
呼吸抑制なし
血圧不変
心拍数不変
心筋抑制なし
脳血流不変
アドレナリン感受性なし
鎮痛作用鎮静法では不完全
筋弛緩作用なし
嘔吐少ない
肝・腎障害なし

笑気吸入鎮静法における自覚的、多覚的特徴

濃度10~15%15~25%25~35%
呼吸・循環正常正常正常
瞳孔・表情正常瞬き減少目を閉じる
夢を見ているよう眼球の偏位
遠くを見ているようにらむ、怒ったよう
眠そう
開口状態自力で可自力で可不可(閉口する傾向)
命令に対する応答従うゆっくり従う一時的に従う、全く従わない
健忘効果わずか中程度完全
鎮痛疼痛閾値上昇疼痛反応減少疼痛反応なし
恐怖心減少なくなる長時間では興奮期に入り恐怖心が起こる
自覚所見落ち着く多幸感意識消失
周囲が気にならなくなる身体の硬直
身体が温かく感じる周囲に無関心
指先がひりひりするふるえる感じ幻想的な夢
酩酊状態死の恐怖感
安全感

参考
歯科麻酔学、第6版、医歯薬出版
北大歯科麻酔学講座講義

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
■詳細情報■<a href="http://…
この薬の作用と効果について中枢において痛みに関与しているプロ…
関連セミナーが見つかりません