OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

コラム >> 薬剤師の現場より

腸内細菌について

腸内細菌について

人はひとりでは生きていけない

誰もが清潔好きで、なにかと「抗菌」がもてはやされる時代ですが、私たちの腸内には100兆匹の重さにして約1キロもの菌が棲んでいるということはご存知のことでしょう。

腸内細菌と呼ばれるこれらの菌は、私たち体内環境を良好に整えるためになくてはならない存在。その働きぶりから「第3の臓器」とも呼ばれています。どんな清潔好きな人も、この腸内細菌なしに生きていくことは出来ません。人間の体は約60兆の細胞で出来ていますが、その実に倍近い数の腸内細菌たちが、私たちの健康を守るために日夜働いているのです。

腸内細菌は外敵から守る

私たちのカラダには、食べ物を経由して、毎日たくさんの有害物質や病原菌が入ってきます。これがカラダに侵入すると大変なことになりますが、腸内細菌はこれを水際で分解・殺菌して腸から体内に侵入するのを防ぐことができます。

また腸は全身の免疫機能の中板でもあります。腸内には、「パイエル板」と呼ばれる粘膜免疫の司令塔があり、通常、リンパ球(免疫細胞)の60%が駐留しています。パイエル板では駐留しているリンパ球に出動支持を出すだけでなく、敵と戦うための武器(免疫抗体)作ることもできます。腸内細菌は、パイエル板に腸内の情報を伝えたりパイエル板の機能をサポートしたりしています。このように腸内細菌はカラダを外敵から守るために重要な働きをしています。

腸内細菌は栄養を補う

腸内細菌のもうひとつの大きな働きが、栄養素の消化吸収を助けることです。
腸内細菌は、食べ物の消化を助けて、栄養素をカラダに吸収しやすい形に変えます。
たとえば、鉄やカルシウムなどのミネラルは、そのままでは吸収が難しいですが、腸内細菌の手助けがあれば吸収率が大きく上がります。逆に糖分や脂肪分など、吸収しすぎると困るものについては、吸収率や体内での代謝を調整してくれています。このように、腸内細菌は体内環境を整えるために重要な働きをしています。

腸内バランスは、無党派層がカギ

腸内細菌は約500種類。残念ながら、その全てが人間と友好関係にあるわけではありません。人間にとって有益な腸内細菌を「善玉菌」と呼んでいます。
善玉菌の代表格は乳酸菌。乳酸菌の量と健康状態には相関関係があることがわかっています。逆に人間にとって、時に有害な存在になるのが「悪玉菌」です。

悪玉菌は、腸内で消化中の食べ物を腐敗させ、有害物質を作り出したり免疫機能を低下させたり、ビタミンを分解してしまったり、と、善玉菌の作用を打ち消すようなマイナスな作用を持っています。肌荒れや口内炎、便秘など体調不良の原因になるばかりではなく、アトピーや花粉症、体臭などとの関係もわかってきています。

健康状態を良好に保つためには、この善玉菌と悪玉菌のバランスが重要なのですが、このバランスを決定するのが「無党派層」です。
腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌だけではありません。日和見菌という、カラダにはほとんど作用を持たないグループもいます。日和見菌は数の上では一番多いのですが、優柔不断で主体性がありません。
善玉菌・悪玉菌のバランスによって、優秀な方に加担するという性質を持っています。この日和見菌を味方につけ、腸内バランスを善玉派多数で安定させることが、腸内環境を整え、健康を維持していく上で重要です。

腸内細菌と一緒に元気になろう!

善玉菌を増やすためには、もっとも重要なのは食事です。乳酸菌を多く含む食品を取り入れることで、腸内細菌のバランスをコントロールすることができます。ヨーグルトや乳酸菌飲料が代表的ですが、キムチや漬物などにも乳酸菌は含まれています。また、善玉菌を増やすためのエサ(オリゴ糖など)や環境(食物繊維など)を同時に整えてあげることが大切です。

もちろん善玉菌に影響を与えるのは食事だけではありません。ストレスや疲労、病気や薬(抗菌薬)などは、善玉菌にとってはマイナス要因。このような条件が重なると、善玉菌が減って、腸内のバランスが崩れてしまいます。腸内バランスは健康維持のカギですが、健康な生活を送ることが、良好な腸内バランスを維持するための条件でもあるのです。

消化管ケアの一環としての口腔内管理

一般的に、歯科医師は口腔内の局所的な問題に対し、昼夜取り組み患者さまの口腔健康増進のために戦っています。ただ、全身という枠組みから口腔を見つめると、消化管の入り口であり、かつ呼吸器の入り口でもあるといえますね。
近年、歯科から食育を!という動きが徐々に見られ始めておりますが、それと同時に、口腔が消化管や呼吸器の入り口であるということを今一度再認識してみてはいかがでしょうか?
高齢者や有病者に対する歯科医療に接していると、義歯の調子が良くなったり、咀嚼効率が上がることにより唾液分泌の増加が認められたり(免疫系の賦活化)、便の状態が良好に移行したり非常に興味深い所見が認められます。医科や看護による、または日常における全身健康管理の一助として、消化管の入り口を適切に管理することは、歯科医療従事者にとって価値のあることだと考えられます。

出典: あるたな 健康食品情報研究会 2006年1月号より

健康食品情報研究会:北海道大学大学院薬理学研究科 臨床薬剤学分野内

参考HP:財団法人日本健康・栄養食品協会 http://www.jhnfa.org/index.htm

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
義歯の手早い修理などに効果的な磁性アタッチメント。旧義歯の修…
ドクターがいつものカルテを入力するだけで、情報提供用文書が完…
関連セミナーが見つかりません