OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

コラム >> 新人歯科医師の日々徒然

研修医としての一年を振返り・・・

【研修医としての一年間】

 私は、昨年末で研修医を終了しました。半年協力型の開業医で半年を北海道大学の補綴科で研修しました。前半半年の開業医における研修では、一応一通りの治療に関して経験することができました。たった半年でしたが、たくさんの患者さんを診ることができ、大変貴重な経験だったと思います。しかし、体力的にも精神的にも非常に辛いものでした。
日々、自分が診療した患者さんの予後は一体どうなったのだろうと心配し、時間的にも長時間働いていたため、ただただ疲れていた気がします。

その後大学に戻り、診療の補助や見学、技工がメインの日々を過ごしました。診療をしていないので多少の不安はありましたが、診療の見学も、前半の開業医での研修の折に一度経験していたため、重要なポイントを再確認しながら見学することで非常に有意義な体験を行う事ができました。

正直、師匠に恵まれたのかもしれませんが、患者さんを診療し、その結果幸せを感じていただけることの重要さと意義深さ。そして歯科医師という仕事に対し、価値と充実性を教えて頂けたように感じます。今更ながらではありますが、人に感謝されることがどれほど幸せなことなのかを改めて感じた一年でした。
もちろん、診療内容も十分すぎるくらい教えていただきました。

【研修終了後の進路】

 研修が終わりに近づいてくると、進路について考える時間が増えるようになっていました。
進路を決定するに当たって一番考えたのは自分の診療に対する進路をどこにもっていくのかということでした。つまり、何をメインに考えていくのかということ。例えば、インプラントを植立できるようになるのか、私費の義歯を設計でき、製作できるようになるのかなど私自身が何で勝負していくのかということを正直悩みました。何か私なりの勝負でき、満足できる道はないかと模索していました。【つづく・・・】

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
歯周病や感染根管など歯の疾患について患者さまにご説明いただけ…
関連セミナーが見つかりません