OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

コラム >> 新人歯科医師の日々徒然

一ヶ月が経って

【感想】

診療を行うようになって、早一ヶ月が経ちました。本当にあっという間でした。毎日が戦いという感じで、緊張の連続でした。慣れていない新しい環境だということもあり、戸惑うことも多く、自分の力のなさを実感しています。こんなにできないものなのかと感じ、認識していたつもりでしたが少し甘かったかなと感じました。

ただ、つらいということばかりではなく楽しいこともたくさんありました。自分が調整した義歯を調子良さそうに使用している姿を見ると本当に幸せな気持ちになりました。すぐに食事をしている姿を見ることができるのはこの仕事の特徴だと思います。ただ、シビアでもあります。いつも調子が良いわけではなく、調子悪い時は食べられない姿を見ることもありました。

【諸先輩がたからの意見について】

始める前にいただいた意見について実際診療を行って感じたことを言わせていただきます。確かに、診療はうまくいかないことがたくさんあります。しかし、中途半端な治療しかできないということはありませんし、診療所での診療ができればそのまま通用するということもありません。持っている診療の能力をフルに活用する(もちろん外来で行う治療を基本として)。そして往診という場面に自分なりのアレンジを加えることが必要だと感じております。つまり設備も限られていますし、患者さんの診療に耐えられる時間や、診療内容も外来とは異なります。その中で患者さんの身体的特徴・ライフワーク等に合わせて治療を行うことが必要とされます。

現在、私はいただいた意見とは違うふうに往診という診療をとらえています。まだ実際に現場に出て1ヶ月ちょっとしか経験はしておりませんが、初心を忘れず常に精進するという信念の元、通常の歯科医療にパスのない方々の健康増進に微力ながら尽くしたい所存です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
重度の歯周病を想定し、フラップ手術や分岐部病変への歯周外科実…
KaVo EWLの人工歯はすべて天然歯のデンチンと非常に近い…
関連セミナーが見つかりません