OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

感染予防 >> CDCガイドラインより

消毒と滅菌 総論

消毒と滅菌の定義

滅菌…芽胞を含むすべての微生物を殺滅し、無菌状態とすること。
消毒…感染症を惹起しないレベルまで病原微生物を殺滅または減少させ、感染力をなくすこと。

各薬剤の消毒滅菌能力

  一般細菌 MRSA 緑膿菌 梅毒スピロヘータ HIV HBV HCV 真菌 芽胞 適応
高圧蒸気滅菌 金属、金属製器具
グルタールアルデヒド 非耐熱性製器具、切削器具
エチレンオキサイドガス 非耐熱性器具、切削器具
ホルマリン(気体) 非耐熱性器具、切削器具
ホルマリン(液体) 非耐熱性器具、切削器具、衣類
乾熱滅菌 耐熱性器具・材料
次亜塩素酸ナトリウム 非耐熱性器具、切削器具
エタノール × × × 手指、皮膚の消毒
ヨード × × ×
フェノール × × × ×
クレゾール × × × × ×
塩化ベンザルコニウム × × × × ×

上記薬剤の使用条件
・高圧蒸気滅菌:121℃×20分
・グルタルアルデヒド:2%×20~30分
・エチレンオキサイドガス:70℃×5時間
・ホルマリン(液体):35~38%ホルムアルデヒド
・乾熱滅菌:160℃×30分
・ヨード:10%×30秒
・フェノール:1.5~2.0%
・クレゾール:0.5~1.0%
・塩化ベンザルコニウム:手指・皮膚 0.05~0.1%  粘膜 0.01~0.02

参考
院内感染防御マニュアル、(株)じほう
シンプル微生物学、南江堂
臨床のレベルアップポイント、デンタルダイヤモンド社

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
大きい水槽でハイパワーバスケットはオートクレープ適用サイズ排…
関連セミナーが見つかりません