OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

感染予防 >> CDCガイドラインより

ユニバーサルプレコーションとスタンダードプレコーション

ユニバーサルプレコーション

1985年HIV感染予防のため考え出された、医療従事者の保護を中心として注意事項のこと。
対象は血液だけでなく患者の体液、排泄物に及ぶ。現在では、肝炎ウイルスキャリアやエイズ患者などの重症感染症患者を特別扱いするのではなく、全ての患者の体液・排泄物は感染源となりえる可能性があるとして対策を講じようとする考え方ととらえられている。これにより、医療従事者の保護だけでなく、患者間あるいは医療従事者を介した感染防止にも考慮した予防策が取り入れられている。

スタンダードプレコーション

1996年アメリカ防疫センターが公表した予防政策で、ユニバーサルプレコーションで対象とした血液や体液、排泄物に加え、手洗いや呼吸器系、結核予防策も盛り込まれている。
スタンダードプレコーションでは、患者と医療従事者の双方を、診断された内容だけでなく未知の(診断されていない)感染症からも守ることが可能となる。また、スタンダードプレコーションでは、感染対策の幅広い戦略を簡便化されている。

● 感染経路を空気感染、飛沫感染、接触感染の3つに分類(空気感染と飛沫感染を区別して対策を立てている)

● スタンダードプレコーションの対象は、全ての体液、分泌物、排泄物、皮膚、粘膜

● 特定の感染症の患者には、スタンダードプレコーションと共にさらに隔離予防策である感染経路別予防策が適応(感染経路別予防策は、病原体の空気、飛沫、接触感染の危険を減らすために策定されたもの。)

実際の商品使用臨床例はこちら・・・

参考
院内感染防御マニュアル、(株)じほう
シンプル微生物学、南江堂
臨床のレベルアップポイント、デンタルダイヤモンド社

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
綿糸と高品質ゴム糸からなるチューブ型のネット包帯です。伝線し…
滅菌前の器具の洗浄が効率的に行える酵素系洗浄液です。酵素(プ…
関連セミナーが見つかりません