OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

感染予防 >> 診療室の管理、バックヤードにおいて

前処置―感染対策の一環として―

洗浄法

器材の消毒・滅菌に先立って必要なのが器材の洗浄である。洗浄を行わないと、消毒・滅菌の効果を減じてしまったり、操作を困難にしてしまったりする。洗浄を行うことは消毒・滅菌を行う上で非常に大切なことである。

(1) 仕分け
材質による分類を行い、適した洗浄方法をとる

(2) 洗浄
血液や唾液、組織片などを取り除く必要がある。この時流水下で行うことが望ましい。これにより細菌数や血液などを効率的に洗い流すことができる。しかし、流水中でただちに洗浄を行うことは周囲に有害物質をまき散らかす恐れもあるため、一度消毒液に浸漬した後に洗浄することが望ましい。汚染がひどい場合はブラシを用いて器具を傷つけないように洗浄する必要がある。洗浄時気をつけなければならないのは、用いる水の水温が高すぎると血液やたんぱくをより強固に凝固させるので注意する。超音波洗浄器を用いるのも有効である。超音波洗浄器は人の手やブラシでは落とせないような隠れた部分の汚れを取り除くことができる。しかし注意点としては
●大きな目にみえるような汚れはあらかじめ除去する。
●マイクロサージェリー器具は刃先を劣化させる恐れがあるため不適である。
●ゴムや、プラスチック製品にも不適である。

(3) すすぎ
汚れや使用した洗剤などを十分にすすぐ必要がある。

参考
歯科医院のための感染対策実施ガイドライン デンタルダイアモンド増刊号
チェアーサイドのインフェクションコントロールガイドブック デンタルダイアモンド社
院内感染予防システム    歯界展望

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
1プッシュで1カウントされ、手指消毒剤の使用回数を数値で把握…
関連セミナーが見つかりません