OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。

Oral Studio歯科辞書:用語・解説検索フォーム

Oral Studio歯科辞書:今日注目の歯科用語

Oral Studio歯科辞書:矯正分野:『)』の解説

矯正分野:『)』の解説を行ないます
用語名

アングルの分類

読み仮名
アングルノブンルイ
分野名矯正
用語解説《特徴》
中心咬合位における上下第一大臼歯の位置関係を基準として分類される。
あくまで永久歯に対する分類である。中心咬合位で分類する。
以下の3分類に分けられる。

(1)Class I ・・・上下第一大臼歯の咬合関係が正常。
Angle1級の模式図
<参考:Angleの分類を利用するときの留意点>
本分類は非常に簡明で、上下顎の第一大臼歯間形の肉眼的観察によって分類できること、また典型的な不正咬合には共通した情報があるなど大きな利点がある。しかし、この分類は、上下顎第一大臼歯の近遠心的咬合関係をもとにした不正咬合の分類であり、以下の点に留意しながら利用する必要がある。

(1)上顎歯列弓を分類の基礎とし、上顎歯列弓の頭蓋に対する位置が考慮されていない

(2)上顎第一大臼歯の位置が不変であるとして、大臼歯の近遠心的な変異は認めていない。乳臼歯のウ蝕あるいは永久歯の形態的異常や、欠如などによる大臼歯の近心傾斜・転移が考慮されていない。

(3)前後的位置関係だけの分類であり、垂直的異常(過蓋咬合や開咬)、あるいは水平的異常(交叉咬合)について言及されていない。
歯科矯正学 第4版 (医歯薬出版株式会社)


(2)Class II ・・・下顎第一大臼歯が上顎第一大臼歯に対して遠心に位置する。
 1類・・・上顎前歯の唇側傾斜、口呼吸を伴う。
Angle2級1類の模式図
<参考:Angleの分類を利用するときの留意点>
本分類は非常に簡明で、上下顎の第一大臼歯間形の肉眼的観察によって分類できること、また典型的な不正咬合には共通した情報があるなど大きな利点がある。しかし、この分類は、上下顎第一大臼歯の近遠心的咬合関係をもとにした不正咬合の分類であり、以下の点に留意しながら利用する必要がある。

(1)上顎歯列弓を分類の基礎とし、上顎歯列弓の頭蓋に対する位置が考慮されていない

(2)上顎第一大臼歯の位置が不変であるとして、大臼歯の近遠心的な変異は認めていない。乳臼歯のウ蝕あるいは永久歯の形態的異常や、欠如などによる大臼歯の近心傾斜・転移が考慮されていない。

(3)前後的位置関係だけの分類であり、垂直的異常(過蓋咬合や開咬)、あるいは水平的異常(交叉咬合)について言及されていない。
歯科矯正学 第4版 (医歯薬出版株式会社)

 2類・・・上顎前歯の舌側傾斜を伴う。
Angle2級2類の模式図
<参考:Angleの分類を利用するときの留意点>
本分類は非常に簡明で、上下顎の第一大臼歯間形の肉眼的観察によって分類できること、また典型的な不正咬合には共通した情報があるなど大きな利点がある。しかし、この分類は、上下顎第一大臼歯の近遠心的咬合関係をもとにした不正咬合の分類であり、以下の点に留意しながら利用する必要がある。

(1)上顎歯列弓を分類の基礎とし、上顎歯列弓の頭蓋に対する位置が考慮されていない

(2)上顎第一大臼歯の位置が不変であるとして、大臼歯の近遠心的な変異は認めていない。乳臼歯のウ蝕あるいは永久歯の形態的異常や、欠如などによる大臼歯の近心傾斜・転移が考慮されていない。

(3)前後的位置関係だけの分類であり、垂直的異常(過蓋咬合や開咬)、あるいは水平的異常(交叉咬合)について言及されていない。
歯科矯正学 第4版 (医歯薬出版株式会社)


(3)Class III ・・・下顎第一大臼歯が上顎第一大臼歯に対して近心に位置する。
Angle3級の模式図
<参考:Angleの分類を利用するときの留意点>
本分類は非常に簡明で、上下顎の第一大臼歯間形の肉眼的観察によって分類できること、また典型的な不正咬合には共通した情報があるなど大きな利点がある。しかし、この分類は、上下顎第一大臼歯の近遠心的咬合関係をもとにした不正咬合の分類であり、以下の点に留意しながら利用する必要がある。

(1)上顎歯列弓を分類の基礎とし、上顎歯列弓の頭蓋に対する位置が考慮されていない

(2)上顎第一大臼歯の位置が不変であるとして、大臼歯の近遠心的な変異は認めていない。乳臼歯のウ蝕あるいは永久歯の形態的異常や、欠如などによる大臼歯の近心傾斜・転移が考慮されていない。

(3)前後的位置関係だけの分類であり、垂直的異常(過蓋咬合や開咬)、あるいは水平的異常(交叉咬合)について言及されていない。
歯科矯正学 第4版 (医歯薬出版株式会社)


Oral Studio歯科辞書:【アングルの分類(アングルノブンルイ)】からステップアップ

【アングルの分類(アングルノブンルイ)】が登録されている【矯正】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
アングルの分類(アングルノブンルイ)が登録されている【矯正】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
Moアングル1級上顎牽引装置
下顎体一部切除術機能的検査 矯正頭蓋冠
成長発育 【矯正】上顎前方牽引装置弄唇癖
咬合平面に対する下顎中切歯歯軸角急速拡大装置アデノイド

歯科辞書用語追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。
分野名
申請種別 新規用語追加   既存用語の内容追加   解説画像の追加
申請希望用語