OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。

Oral Studio歯科辞書:用語・解説検索フォーム

Oral Studio歯科辞書:今日注目の歯科用語

Oral Studio歯科辞書:保存修復分野:『)』の解説

保存修復分野:『)』の解説を行ないます
用語名

エアタービン

読み仮名
エアタービン
分野名保存修復
用語解説【概要】
高速切削用の回転切削機。歯質の切削や修復物の研磨を行う。

【詳細】
現在、エアタービンは回転数450,000 - 500,000rpmを有し、回転速度が大きくなることで歯質、金属あるいは陶材などを効率よく切削できる。しかしながら、回転力は小さいため切削圧をかけ過ぎると、回転数が低下するため切削能率が低下する。したがって、歯質の切削にはフェザータッチと呼ばれる約30 - 80gの軽い切削圧が推奨される。
エアタービンは、ハンドピース、コントロールボックス(送風量制御装置、送水量制御装置、油量調整装置)、およびフットコントローラー(メインスイッチ)から構成されている。ハンドピース頭部内のローターに取り付けられた羽根に圧搾空気を当てて高速回転を得るが、切削時に熱が発生するため注水や噴霧により歯質・切削器具を冷却する必要がある。
エアタービンハンドピースは全てコントラアングル型で、スタンダードタイプの他に東部直径が大きく回転力の強いトルクタイプ、頭部の高さが小さく後方臼歯や開口障害のある患者の時に使用するミニチュアタイプがある。軸受けの型式にエアーベアリング式とボールベアリング式があり、エアーベアリング式の場合、回転数は約500,000rpmで空気圧4.0kg/cm2空気量35 - 40l/minである。ボールベアリング式の場合、回転数約300,000 - 450,000rpmで空気圧1.8 - 30kg/cm2空気量25 - 30l/minが必要である。
ハンドピースは、感染予防対策が講じられており、逆流防止弁により、タービンの内部汚染を防ぎ、さらにオートクレーブ滅菌も可能である。


参考文献:保存修復学21 第三版 永末書店

Oral Studio歯科辞書:【エアタービン(エアタービン)】からステップアップ

【エアタービン(エアタービン)】が登録されている【保存修復】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
エアタービン(エアタービン)が登録されている【保存修復】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
漂白棹状体急性齲蝕と慢性齲蝕
下顎最後位チゼルスメア層
積層充填スチールバニッシャー鳩尾形
Blackの分類カーバイドバーアマルガムバーニッシャー

歯科辞書用語追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。
分野名
申請種別 新規用語追加   既存用語の内容追加   解説画像の追加
申請希望用語