OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。

Oral Studio歯科辞書:用語・解説検索フォーム

Oral Studio歯科辞書:今日注目の歯科用語

Oral Studio歯科辞書:口腔外科各論分野:『)』の解説

口腔外科各論分野:『)』の解説を行ないます
用語名

TNM分類

読み仮名
ティーエヌエムブンルイ
分野名口腔外科各論
用語解説【概要】
悪性腫瘍の病期分類に用いられる指標。

癌の進行度は、
・癌がどのくらいの大きさになっているか、
・周辺のリンパ節にどれほど転移しているか、
・遠隔臓器への転移はあるか、
の3つの要素で決められている。

【詳細】
病気分類をもとに治療法の選択や、予後の推測される。
記述する際にはT2N1M0のように記述する。実際には各悪性腫瘍ごとに独自の分類を定めていることが多い。

■T原発腫瘍:
原発巣の大きさと進展度を表す。
T1―4までの4段階に分けられる。

・TX:原発腫瘍の評価が不可能
・T0:原発腫瘍を認めない
・Tis:上皮内癌
・T1:最大径が2cm以下の腫瘍
・T2:最大径が2cmを超え、4cm以下の腫瘍
・T3:最大径が4 cmを超える腫瘍
・T4:(口唇) 骨髄質、下歯槽神経、口腔底、または顔面(すなわち、顎または鼻)の皮膚に浸潤する腫瘍
- T4a:(口腔) 隣接臓器(たとえば、骨髄質、舌深層の筋肉[外舌筋][おとがい舌筋、舌骨舌筋、口蓋舌筋、茎突舌筋]、上顎洞 、および顔面の皮膚)に浸潤する腫瘍
- T4b:咀嚼間隙、翼突板、または頭蓋底に浸潤する腫瘍および/または内頸動脈を包み込む腫瘍

■N所属リンパ節:
所属リンパ節への転移状況を表す。
転移のないものをN0とし、第一次リンパ節、第二次リンパ節への転移、周囲への浸潤の有無からN3までの段階に分ける。

・NX: 所属リンパ節の評価が不可能
・N0:所属リンパ節に転移を認めない
・N1:同側の単発性リンパ節転移で、その最大径が3cm以下のもの
・N2:同側の単発性リンパ節転移で最大径が3cmを超え、6cm以下のもの;または同側の多発性リンパ節転移で最大径が6cm以下のもの;または両側あるいは対側のリンパ節転移で最大径が6cm以下のもの
- N2a:同側の単発性リンパ節転移で直径が3cmを超え6cm以下
- N2b:同側の多発リンパ節転移で最大径が6cm以下
- N2c:両側あるいは対側リンパ節転移で最大径が6cm以下
・N3:最大径が6cmを超えるリンパ節転移

臨床評価では、リンパ節腫瘤の実際の大きさを測定し、介在軟組織の許容差を考慮しなければならない。直径3cmを超える腫瘤のほとんどは単独リンパ節ではなく、融合性リンパ節または頸部軟組織の腫瘍である。臨床的に陽性なリンパ節の3つの病期は:N1、N2、およびN3である。サブグループa、b、cの使用 は、必須ではないが推奨している。正中リンパ節は同側リンパ節と考えられる。

■M遠隔転移:遠隔転移の有無を表す。遠隔転移がなければM0、あればM1となる。

・MX:遠隔転移の評価が不可能
・M0:遠隔転移を認めない
・M1:遠隔転移あり

■以上を指標としてstage I―IVまでの4期に分ける。
Stage
・―:T1 N0 M0
・―:T2 N0 M0
・―:T3 N0 M0かT1―3 N1 M0
・―:T4 N0―1 M0、N2、N3の全例、M1の全例


参考文献:歯科放射線学 第4版 医歯薬出版株式会社
最新口腔外科学 第4版 医歯薬出版株式会社

Oral Studio歯科辞書:【TNM分類(ティーエヌエムブンルイ)】からステップアップ

【TNM分類(ティーエヌエムブンルイ)】が登録されている【口腔外科各論】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました

歯科辞書用語追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。
分野名
申請種別 新規用語追加   既存用語の内容追加   解説画像の追加
申請希望用語