OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。

Oral Studio歯科辞書:用語・解説検索フォーム

Oral Studio歯科辞書:今日注目の歯科用語

Oral Studio歯科辞書:歯科麻酔分野:『)』の解説

歯科麻酔分野:『)』の解説を行ないます
用語名

静脈内鎮静法

読み仮名
ミャクナイチンセイホウ
分野名歯科麻酔
用語解説静脈内鎮静法には、主にベンゾジアゼピン系薬剤とプロポフォ-ルによるものがある。

⇒使用薬剤は
1)ペンゾジアゼピン系鎮静薬(単独使用される)
1.ジアゼパム
2.フルニトラゼパム
3.ミダゾラム(血管刺激無し)

2)プロポフォ-ル(単独使用される)

3)ベンゾジアゼピン拮抗薬(呼吸抑制に拮抗)(単独使用されない)
フルマゼニル

4)麻薬拮抗性鎮痛薬(1と2を併用)(単独使用されない)
1.ペンタゾシン
2.プトルファノ-ル
3.ププレノルフィン


●ベンゾジアゼピン系
薬剤としてはジアゼパム、ミダゾラムなどが挙げられる。
ベンゾジアゼピン系は抗痙攣作用を有し、至適濃度で健忘作用を示す。重症筋無力症、緑内障患者には禁忌である。

(1)ジアゼパム・・・血管痛があり、近年使用頻度は減少しているが、局所麻酔中毒患者や過換気症候群に用いられる。
(2)ミダゾラム・・・血管痛はなく、ぜんぞじアゼピン系の中で最も作用時間が短い。

●プロポフォ-ル
静脈全身麻酔薬であるが、鎮静法にも利用される。健忘効果はベンゾジアゼピン系に劣るが、調節性に優れる。血管痛がある。

《参考:笑気鎮静法》
笑気ガスを20 - 30%で用いると、鎮静状態が得られる。調節性に優れ、回復も速いが、固体によって効果の差が大きく、診療室汚染や鼻閉の患者には使用できないなどの欠点もある。


《参考:ベンゾジアゼピン拮抗薬》
フルマゼニル・・・ベンゾジアゼピン系薬剤の作鎮痛や呼吸抑制用を解除する。

《参考:Verrilのサイン》
静脈内鎮静法で特徴的に見られる、上眼瞼が下垂した。状態。

Oral Studio歯科辞書:【静脈内鎮静法(ミャクナイチンセイホウ)】からステップアップ

【静脈内鎮静法(ミャクナイチンセイホウ)】が登録されている【歯科麻酔】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
静脈内鎮静法(ミャクナイチンセイホウ)が登録されている【歯科麻酔】分野からステップアップにつながる歯科用語をピックアップしました
下顎孔伝達麻酔心筋梗塞トリアゾラム
オトガイ孔伝達麻酔過呼吸の原因自動体外式細動器
笑気鎮静法循環血液量減少性ショックフルニトラゼパム
メチルパラベン下顎枝後縁カテコラミン

歯科辞書用語追加申請

「辞書用語の追加申請」では、現状のOral Studio歯科辞書に登録されていない用語の追加申請を随時承っています。
歯科辞書用語追加希望がございましたら、以下の項目を入力し登録要請ボタンをクリックしてください。
分野名
申請種別 新規用語追加   既存用語の内容追加   解説画像の追加
申請希望用語