OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

各分野の教科書的知識 >> 保存修復学

ご興味のあるタイトルをクリックするとコンテンツ概要がご覧いただけます。

AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)

「AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)」のガイドライン
非侵襲性歯髄覆罩(覆髄)「AIPC」は、Atraumatic(非侵襲性) Indirect Pulp Capping(間接覆罩)を語源としています。本法は、教科書などの成書が示す暫間的間接歯髄覆罩法(通称 IPC)のことです。
「AIPC(非侵襲性歯髄覆罩)」の実際【治療方法と根拠】
ここでは実際のAIPC治療方法と各治療ステップにおいて評価すべき点について解説します。また使用すべき製品についても論文に則り紹介します。

知覚過敏

知覚過敏について学ぶ
知覚過敏のことを知るためには、なぜ知覚過敏が起こるかをしっかりと理解する必要がありますね!思い出しましょう!!
知覚過敏の治療と対応
知覚過敏への対応は、知覚過敏を引き起こす原因により異なります。歯科医師による治療が必要な場合もありますし、またDHさんによる処置が必要な場合もあります。
患者さんへの対応
知覚過敏の患者さんへの対応、自信をもって患者さんとお話するための情報がタップリです。
OralStudioオススメ対策
私達がオススメする知覚過敏治療薬についてご説明します。せっかくなら虫歯予防も一緒にしましょう!臨床評価データや詳しい使用方法もお伝えします。

セメンティング 総論

合着用セメント 総論
本コンテンツでは、過去から現在まで使用されている歯科用セメントを簡単に復習することを目的とする。なお、各セメントの詳細については他コンテンツに譲る。
リン酸亜鉛セメントとカルボキシレートセメントの特徴
100年以上前に開発され、20世紀において最も使用されていた歯科用セメントである。
リン酸亜鉛セメントとカルボキシレートセメントの練和について
分割練和法が推奨されている。また、発熱を緩和するために冷やしたガラス練板とステンレス製スパチュラが用いられる。
GICとRMGICの特徴
グラスアイオノマーセメントは歯冠修復用材料として開発され、後に合着用セメントとして利用されるようになった。ゆえに、基本的な成分や性質は修復用GICも合着用GICも変わらない。
GICとRMGICの練和について
カルボキシレートセメント同様に粉液比率の影響による機械的性質変化は比較的少ないと考えられるが、適切な粉液比率で練和することは必須である。
レジンセメント 総論
レジンセメントは各社から提供されており、その取扱いや表面処理方法が異なるため使用解説を十分確認した上で使用されたい。
レジンセメントの重合様式と選択基準
レジン系材料の硬化様式として、“化学重合”と“光重合”が挙げられる。各レジンセメントは各様式、もしくは双方の様式で硬化するわけだが、使用する臨床状況により、硬化様式よりセメントを選択する必要がある。
レジンセメント合着の前処理とは? 【総論】
一見ややこしいレジン系材料の前処理ではあるが、きちんと行わない限りレジンセメントを使用した意味がまったくなくなってしまう。ここでは、前処理の簡単な理屈を紹介する。
歯面処理とは?【レジンセメント合着の前処理】
このコンテンツでは、セメント合着に際し、歯面に対する前処理の具体的な方法を示す。既に【セメント合着の前処理 総論】において、前処理に関する考え方は示したが、ここではそれをもとに具体的な処理を示す。
シランカップリングとは? 【セメント合着の前処理】
シランカップリング材はセラミックやレジン系材料を用いる上で非常に重要な前処理材である。確実に理解する必要がある。
Oral Studio的 標準装備すべきセメントについて
このコンテンツでは、各種類のセメントの特徴を鑑みて、一般臨床において装備しておくべきセメントについて簡潔に示すことを目的としている。

ボンディングレジンを理解する

接着性レジンシステムの基礎
レジン修復において歯質接着性材料として用いられる接着性レジンシステム(以下「接着システム」)の基本的な流れを解説する。
接着ステップについて
被着体がエナメル質、象牙質、セメント質いずれであってもエッチング、プライミング、ボンディングの3つの接着ステップが必要となる。
リン酸エッチングの歴史
1955年Bounocoreがエナメル質をリン酸で処理しレジンを接着させたのが、レジン接着における歯面処理の始まりである。
歯面処理の目的
歯面処理の目的は、窩洞形成後の窩洞表面の汚染物や切削により形成されるスメヤー層の除去に他ならない。エナメル質、象牙質に対する歯面処理について解説する。
プライミングの歴史
プライマーは象牙質に対するレジンの接着性を向上させるために歯面処理後に塗布するものとして開発された(接着性レジンモノマー)。
セルフエッチングプライマーとは?
セルフエッチングプライマーとは、いったい何がセルフなのか?日本が生んだ接着技術であるセルフエッチングプライマーについて解説する。
ボンディングレジンとは?
ボンディングレジンは、歯質とコンポジットレジンを接着させる成分である。本コンテンツではボンディング材の基本的事項を解説する。
接着性レジンモノマー とは?
このコンテンツでは、接着性レジンモノマーについて解説する。接着性レジンモノマーとハイドロキシアパタイトの結合は、レジン修復予後にも影響を及ぼすと考えられる。
象牙質への接着
このコンテンツでは、ここでは、接着性レジンと象牙質の接着メカニズムについて解説する。

グラスアイオノマーセメント

GICの定義と特徴
GICの一般的な定義と開発に関わる歴史について解説する。
GICの機械的性質
材料の機械的性質を理解することは予後の良い修復において非常に重要である。ここではGICの機械的性質について解説する。
従来型GICの歯質との接着
従来型GICの歯質との接着について解説する。レジンとは全く異なった接着機構に興味は尽きない。
RMGICの歯質との接着
RMGICの歯質との接着は、従来型GICの接着機構とは若干異なることを理解する。
GIC歯髄刺激性と審美性
GICの歯髄刺激性に関する正確な理解を得ると共に、GICの審美性についても正確に理解することを目指す。
GICのフッ素徐放性と抗プラーク性について
GICのフッ素徐放性は有名であるが、一方で抗プラーク性も注目を浴びている。
GIC充填における注意事項
GIC修復を行う際は、感水と脱水に注意しなければならない。
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
鋭い切れ味が持続する“TALON TOUGH”のブレードを採…