OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

保存修復学 >> ボンディングレジンを理解する

象牙質への接着

酸処理により・・・

窩壁象牙質面にリン酸処理や酸性モノマー(セルフエッチングプライマーに含有される)処理を施すことにより、スミヤー層やスミヤープラグ(象牙細管内に切削片が充填されたもの)除去(処置材により除去効果は様々)が起こる。これにより象牙質表層の脱灰と象牙細管の開口、象牙細管内壁(管周象牙質)も脱灰される。

(Jan De Munckらの図を改変)

リン酸エッチングを行った場合は、表層下約5μmの深さまで脱灰され、脱灰部位にはヒドロキシアパタイトは存在せず有機質であるコラーゲン繊維のみが存在するが、pH1.5以上のセルフエッチングプライマーで処理された場合は、コラーゲン線維間に若干のヒドロキシアパタイトが残留(下電顕写真の”樹脂含浸層”がそれにあたる)する。

レジン成分の象牙質への浸透

一般的には、脱灰されたコラーゲン繊維層にプライマー(接着性レジンモノマーやHEMA、アセトン、エタノールなどを含有)が浸透し、接着性レジンモノマーの浸透が促進される。そしてボンディングレジンを塗布することにより、脱灰象牙質層にレジンが浸透・重合し、樹脂含浸層(hybrid layer)が形成され、レジン-象牙質接着界面が形成される。
樹脂含浸層は、レジン-象牙質接着において機械的保持という点で非常に重要な役割を担っていると考えられているが、樹脂含浸層という言葉の定義については議論が交わされている(詳細は樹脂含浸層コンテンツ参照)。また、スメヤープラグが除去されることにより、象牙細管内にレジンが浸透しレジンタグが形成されるが、深部象牙細管内でのレジンタグ重合率は低い可能性がある。
リン酸エッチングを行った際、エッチングされたコラーゲン繊維層すべてにレジンが確実に浸透し、重合させることは臨床的に困難であることがわかってきたが、プライマーやボンディングを複数回塗布することにより、レジンの浸透が促進されるとの報告もある。

機能性モノマーによる化学的結合など・・・

前述のセルフエッチングプライマーを使用すると、脱灰されたコラーゲン繊維層中にヒドロキシアパタイトが残留している。接着性レジンモノマーはこれらのヒドロキシアパタイトと化学的に結合し、超微細な接着耐久性に寄与している可能性が示唆されている。なお、セルフエッチングプライマーによる脱灰象牙質の深さは、各々のセルフエッチングプライマーの酸性度により変化する。
セルフエッチングプライマーは、エッチングを行うと同時にプライミングを行うため、基本的に脱灰された象牙質層はきっちりとプライミングされていると考えてよい。近年は、表層脱灰量および樹脂含浸層厚さがナノメートルオーダーの”Nano interaction zone (NIZ)”システムも登場している。

参考
保存修復学21、第3版、永末書店 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
歯科用象牙質接着材フッ素徐放性光重合型1液性 セルフエッチン…
現在3種類のエッチング剤(リン酸濃度40%前後)を単品販売し…