OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

保存修復学 >> グラスアイオノマーセメント

RMGICの歯質との接着

概要

 RMGICの重合様式の特徴は、GIC成分の酸-塩基反応とレジンモノマーの重合(主にHEMA)は別個に起こることである。GIC成分は酸性であるため、歯質に対しセルフエッチング作用を示す。しかし、一般的な接着性レジンに含まれるセルフエッチングプライマーと比較して、GICは分子量の大きいポリカルボキシル系ポリマーであるため、歯質に対する浸透力が弱い(分子量が大きいため、歯質に存在する間隙への浸透が難しい)。

そのため、比較的高い酸性度を持つ(強い脱灰能を持つ)酸で歯面処理を行うと、酸により形成された歯質間隙(歯質中の無機質、ヒドロキシアパタイトなど、が溶解された結果形成された間隙)に対するRMGIC成分の浸透が不十分となり、治療予後に大きな影を残すこととなる。 しかし一方で、酸処理を施さず、スメヤー層が残存した歯質に対し、RMGICを接着させた場合、ほとんど接着しない。このようなことを加味し、一般的にRMGIC用のコンディショナーは比較的マイルドな脱灰能を持つもの(ポリアクリル酸やクエン酸など)が使用されるのである。

適切なコンディショナーで酸処理された歯質とRMGICの間には、樹脂含浸層の形成が認められる。ただし、従来型GICと比較して、歯質と材料間のイオン反応量は低いと考えられている。

参考
Advances in GLASSIONOMER CEMENT, quintessence books
保存修復学21、第3版、永末書店 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
革新的な液ドロッパーメカニズムを採用した合着用セメントです。…
準備が面倒、練りにくい、わずかな粉液比の違いでも異なってしま…