OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

保存修復学 >> グラスアイオノマーセメント

GIC歯髄刺激性と審美性

GICの歯髄刺激性

液成分による歯髄刺激性
GICの液成分であるポリカルボン酸はpH1~2と比較的強い酸ではあるが、以下の理由により歯髄刺激性は非常に低い。
● 有機酸である
● 分子量が大きいため浸透力が比較的弱い
● 硬化によりpHは急激に上昇する

辺縁漏洩よる歯髄刺激性
従来型GICの歯質との接着でも述べたが、GICと歯質は化学的に結合しており、接着性も比較的良好であるため、微少漏洩による細菌侵入や象牙質-歯髄複合体への刺激リスクは非常に低いと考えられる。

GICの審美性

 基本的に、GICは審美修復材料の一つであり、セメント自体の色調・透明感・光沢は天然歯に比較的近いものである。しかし、実際の臨床において、GIC表面の粗さが気になるケースがある。これは、粉液を練和するときに空気を巻き込み、気泡が多く混入するためである。可能な限り練和時に気泡を混入させないことが美しいGIC修復の基本となる。可能な限り、カプセルタイプのGIC(ミキサー練和を行うもの)の使用を薦める。

また、近年、従来型GICにおいても色調のバリエーションが増えつつあり、比較的審美性の高い修復が可能となってきている。さらにレジンが配合されたRMGICは従来型と比較して審美性は大きく向上している。

参考
Advances in GLASSIONOMER CEMENT, quintessence books
保存修復学21、第3版、永末書店 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
ハイ - ボンドカルボセメントを基にHY材を更に増量して物…
粉液量の微調整により、好みのちょう度が得られるため、広い用途…