OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

保存修復学 >> セメンティング 総論

レジンセメント合着の前処理とは? 【総論】

何に対する前処置が必要?

合着用セメントは、歯質(メタルやCR部分を含む)と補綴物を合着するために用いる。故に前処理を行う対象は2つ。

●歯質(メタルやCR部分を含む)
●補綴物

ということになる。一件ややこしそうな前処理ではあるが、その仕組みを理解すればたいしたことはない。概要を以下の図に示す。

前処理の仕組み

前処理の仕組みを紹介する前に、守って頂きたいことがある。それは・・・
★使用するセメントと同メーカーの処理材(シランカップリング材やメタルプライマー)を使用する
ことである。
前処理を行う対象は前述の【歯質(メタルやCR部分を含む)】と【補綴物】であるが、もう少し細かく見ていくとその対象は・・・

●エナメル質
●象牙質
●金属
●セラミック
●コンポジットレジン

に分けられる。要するに、これら各々に対する処理方法を理解していれば全ての前処理に応用が利く。

エナメル質と象牙質に対する前処理

歯質に対する接着前処理は、接着性レジンシステム(通常のボンディングレジンシステム)と同様である。すなわち、

●エッチング→プライミング
である。商品によっては、セルフエッチングシステム(エッチングとプライミングを同時に行うもの)を使用するものもあるので注意されたい。また、エナメル質に対しては、セルフエッチングプライマーで処理する場合も、あえて15秒ほどエッチングを行い、より接着強さを向上させる手法もある(これも通常のボンディングシステムと同様)。

→ボンディングシステムの基礎を学びたい方はこちら

→臨床における具体的な歯面処理についてはこちら

金属に対する前処理

メタルコアやFCK,メタルボンドなどの金属に対するセメント同着の前処理には、メタルプライマーを利用する。メタルプライマーは、「金属と接着する基」と「レジン成分と接着する基」を持ったモノマーであり、金属とセメントの化学的な接着を媒介する。

それゆえ、
●使用する金属が貴金属なのか、卑金属なのか
●使用するレジンセメントがどのような成分を含んでいるのか

がメタルプライマーを選択する上で重要となってくる。現在市販されている殆どの歯科用メタルプライマーは、貴金属・卑金属両方に対応しているものであるが、添付文書できちんと確認する必要がある。
また、使用するレジンセメントとの相性もあるため、基本的には同一メーカーの商品を用いることが望ましい。

具体的なメタルプライマーはこちら

セラミックやレジンに対する前処理

シランカップリング材を使用する。

シランカップリングに関する詳細な解説はこちら

具体的なシランカップリング材はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
関連動画が見つかりません
エンプレス等のセラミック修復物やタルギス/ベクトリス等のセロ…
デュアルキュアによる優れた操作性と、フッ素徐放効果を兼ね備え…
関連セミナーが見つかりません