OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
あなたの歯科医がきっとみつかる:Oral Studio 4U
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

各分野の教科書的知識 >> 歯周病学

ご興味のあるタイトルをクリックするとコンテンツ概要がご覧いただけます。

歯周疾患と糖尿病の関係

糖尿病になると歯周病になりやすいか?
糖尿病になると歯周病になりやすい。
糖尿病は歯周病を悪化させるか?
糖尿病は歯周病を悪化させる。
糖尿病に罹患している歯周病患者と罹患していない歯周病患者ではポケット内細菌叢は異なるのか?
糖尿病に罹患している歯周病患者のポケット内は、糖尿病に罹患していない歯周病患者のそれと比較して、異なる菌種が存在しているか否かについては明らかにされていない。しかし、Porphyromonas gingivalis, Capnocy tophaga spp.などの歯周病原細菌の検出率が高く、とくにP.ginigivalisの検出率が高いとする報告が多い。
歯周病の治療をすると糖尿病の状態は改善するか?
歯周治療によって糖尿病の状態は有意に改善したというランダム化比較試験および非ランダム化比較試験の文献がある。しかしながら、メタ解析においては統計学的有意差をもって改善することが認められていない。従って、歯周治療による糖尿病の改善については注目されるが、今後のさらなる検討が期待される。
糖尿病患者では抗菌療法(局所および全身投与)の併用は有効か?
糖尿病患者に歯周基本治療を行う場合、抗菌療法(全身投与)の併用は効果が認められない。
局所麻酔薬中のエピネフリンで血糖値は上昇するか。
糖尿病患者においてエピネフリン含有局所麻酔薬を使用した場合には一過性の血糖値上昇を生じる可能性があるが、その程度は健常者と変わりがないと考えられる。コントロール良好な糖尿病患者においては安全に使用することが可能である。
糖尿病患者に歯周基本治療を行うと菌血症を生じるか?
歯周基本治療で行うスケーリングやスケーリング・ルートプレーニング(SRP)のみならず、プロービングを用いた歯周組織検査やブラッシングなどの機械的プラークコントロールによっても菌血症が生じる。しかし、菌血症の発生は短時間で、また侵襲の程度はきわめて軽微であり、糖尿病を悪化させる可能性は低い。糖尿病患者において健常者と比べて口腔由来の菌血症の発生頻度、程度が増すという報告はなく、歯周組織における炎症の軽減によるメリットの方が大きいと考えられるため、糖尿病患者でも歯周基本治療を実施することが推奨される。
糖尿病患者に対して歯周基本治療を行った場合、非糖尿病患者に比較して治療効果に差があるか?
糖尿病罹患が歯周基本治療による歯周ポケットの減少量と付着の獲得量を低下させる可能性は低い(歯周基本治療後1年以内)。ただし1年を超える予後は明らかでなく、糖尿病のコントロールが特に悪い場合は、歯周ポケット再発のリスクが高くなる可能性がある。
糖尿病患者だとグリコヘモグロビン(HbA1C)値がいくら以下だと良好にサポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)が行えるか?
血管合併症を予防するうえで、HbA1C7%未満(日本人では6.5%未満)が有効であるとされている。大血管障害を予防するにはさらに他のリスクをコントロールすることが推奨されていることから、歯周治療においても最低HbA1C7%未満(日本人では6.5%未満)でSPTを行うことが推奨される。
糖尿病患者は歯周治療後、歯周病が再発しやすいか?
糖尿病患者における長期の予後では、メインテナンス中に抜歯された歯数が多い、あるいはポケットの深化度が高い等の文献が散見される。一方、HbA1Cを10%以下にコントロールすると再発のリスクが減少する。
糖尿病患者においてメインテナンス期における局所化学療法は有効か?
糖尿病患者の歯周病メインテナンス期における局所化学療法の有効性は不明である。有効としても効果は小さい可能性がある。患者の状態を考慮し、慎重な判断のもとに行うよう勧められる。
糖尿病患者の歯周外科治療を行う際の血糖コントロールの基準値はあるのか?
糖尿病患者の歯周外科治療を行う際の直接的な血糖コントロール基準値はないが、冠状動脈バイパス手術の際、グリコヘモグロビン(HbA1C)が7%未満での手術が推奨されていることから、相対的に侵襲性の低い歯周外科治療では概ねHbA1Cは7%未満が参考の値として考えられる。
糖尿病患者と健常者の抜歯の予後に差があるか?
血糖値のコントロールされた糖尿病患者と健常者の抜歯の予後に差は認められない。しかしながら、コントロールが行われていない糖尿病患者の抜歯には血糖値変動と感染のリスクがあると推測され、抜歯後の感染予防に注意を払う必要がある。
抜歯や歯周外科治療、歯周基本治療の際に、ワーファリンの服用は中断すべきか?
ワーファリン服用患者に関しては、休薬によって生じる可能性のあるイベントのリスクは、服薬持続によって生じる観血的処置の際の出血のリスクを上回ると推定され、抜歯や歯周外科治療などの際に休薬は行わないよう勧められる。
糖尿病患者では歯周外科治療後の抜糸はいつごろ行うのが適切か?
十分な血糖コントロール下で歯周外科治療を行う限りにおいては、抜糸時期は通常通りで特別な配慮は必要としない。しかし、高齢者などでは、感染予防のため術後の消毒や抗菌薬の予防投与を行うことが望ましい。
糖尿病患者において歯周外科治療後に歯周パック(包帯)を用いることは有効か?
非糖尿病の歯周病患者では、歯周外科治療後に歯周パックを用いることは、術後の治癒促進の観点から有効性は認められないが、糖尿病患者では、同患者が有する易感染性や創傷治癒不全傾向を考慮して、健常者と比べて歯周外科治療後の感染予防に歯周パックが有効である可能性があるかもしれないが、使用を推奨するだけの明確な根拠がない。
糖尿病患者の歯周外科治療後に、洗口剤を使用すると有効か?
非糖尿病の歯周病患者に対して、歯周外科治療後に洗口剤(0.2%もしくは0.12%グルコン酸クロルヘキシジン、CHX)を用いることは、術後のプラーク付着、歯肉炎症の抑制、感染予防に有効である。
糖尿病患者に対する歯周組織再生療法は有効か?
糖尿病患者に対する歯周組織再生療法の長期的予後に関する充分なエビデンスはない。
糖尿病患者に対するインプラント治療は非糖尿者と同等の治療成績が得られるか?
コントロール良好な糖尿病患者に対するインプラント治療は、成功率、生存率ともに高く、非糖尿病者と同等の予後が得られるとの報告が存在するが、必ずしもそうではないとする前後比較研究も存在するため、糖尿病患者に対するインプラント治療成績が非糖尿病者と同等であるとするだけのエビデンスはない。

歯周病学 総論

歯周炎とは何か?
歯周炎は、局所因子であるデンタルプラークによって生じた炎症性破壊が歯肉から深部の歯槽骨や歯根膜に波及したものである。
歯肉炎とは何か?
臨床的に歯肉炎と呼ばれる病態は、線的に歯槽骨頂の吸収がまだ認められない時期の歯肉に限局した炎症である。
歯周疾患の原因
歯周疾患を引き起こす、初発因子、そして歯周疾患を進行させる増悪因子(修飾因子)について解説する。
歯周疾患の分類について
歯周疾患の分類について示す。
歯肉炎の分類について
歯肉炎の分類について示す。
歯周病診査1
歯周検査の基本にポケット診査がある。アタッチメントレベルと併せて解説する。
歯周病診査2
歯周病の診査に関わる動揺度・分岐部病変について解説する。
歯周病診査3
X線診査・模型診査について解説する。
歯周治療の進め方
歯周疾患の治療の概略について説明する。イニシャルプレパレーション(初期治療)の治療成果を正確に評価することが重要である。
歯肉炎の治療
歯肉炎は局所にみられる原因を除いて,ポケット内を清潔に保つことである。

歯周病学 病態

慢性剥離性歯肉炎とは?
慢性剥離性歯肉炎は、歯肉の上皮剥離によるびらん形成を特徴とする歯肉炎で,別名,歯肉症と呼ばれる。
潰瘍性歯肉炎とは?
潰瘍性歯肉炎の潰瘍は,びらん性潰瘍,浅い不定形潰瘍,浅い小円形潰瘍(アフタ)、 深い潰瘍および壊死性潰瘍など様々で,全身的因子が関与していることが多い。
壊死性潰瘍性歯肉炎とは?
壊死性潰瘍性歯肉炎は、歯肉辺緑部の壊死性潰瘍を特徴とする歯肉炎.急性の経過をとるものと比較的慢性に進行するものとがある。
壊疽性歯肉炎とは?
壊疽性歯肉炎は進行性壊疽を特徴とする歯肉炎で,歯肉炎のなかでは最も重症である。健常者がこの歯肉炎に罹患することはなく,全身抵抗力の減弱した患者に見られる。
妊娠性歯肉炎とは?
妊娠性歯肉炎は女性ホルモンにより,ポケット内に常在するPrevotella intermediaの発育が促進され,歯肉炎を引き起こす。
薬剤による歯肉増殖症とは?
抗癇癪薬のフェニトインやカルシウム拮抗薬であるニフェジピンによる歯肉増殖症が有名である。
パピヨン・ルフェーブル症候群とは?
手掌,足蹠の異常角化が特徴的であるパピヨン・ルフェーブル症候群とはなにか、簡単に解説する。
歯肉膿瘍とは?
発症経路は2つ.歯肉膿瘍のついて簡単に解説する。
急性智歯周囲炎とは?
臨床的によくみるものであるが、今一度確認されたい。稀であるが、全身に対しリスクを及ぼすケースもあると示唆されている。

歯周外科

歯周組織再付着療法
ポケットを形成していた歯周組織を、ポケット内に露出している根面に再び付着させ、根面を浅くすることを目的とした手術であり、歯周ポケット掻爬術、新付着術(ENAP)、フラップ手術がある。
歯肉切除、歯肉整形術
歯肉切除術は歯周ポケットを形成している歯肉の内縁、外縁上皮を含めた外科的な切除であり、ポケットの除去を目的とする。また、歯肉ができるだけ正常な形態になるよう、形態修正を行う外科手術として歯肉整形術がある。これは、ポケットの除去ではなく、歯肉形態の修正のみを目的として行われる。
骨外科
骨外科には骨整形術と骨切除術があり、いずれも歯肉形態をよくしたりポケットの除去をするために歯槽骨の一部を削り、形態を修正する方法である。高度歯周炎患者では歯槽骨が吸収されてその形態が異常になってる場合が多いため、フラップ手術時に同時に用いられる。
骨移植術
骨移植術は骨欠損部の治療法として用いられており、自家骨、他家骨、人工骨が用いられる。垂直性骨欠損や根分岐部欠損に試みられ、プロービングポッケットデプスの減少やアタッチメントゲイン、生理的な歯槽骨の形態回復、新生骨、新生セメント質、歯根膜の再生を目的とする。一応の成績は得られているが十分ではないため、現在より良い材料や移植法の研究が進められている。
縫合法の基本と種類
縫合の目的は、創面の閉鎖、フラップの固定、止血、不快症状の解消、治癒の促進、骨破壊の予防などが挙げられる。縫合方法には様々な種類があり、それぞれの歯周外科治療に応じて選択する必要がある。

根分岐部病変

根分岐部病変の原因と分類
根分岐部病変は歯周病変が多根歯の根分岐部に及び、根分岐部の歯周組織の破壊が起こった状態である。 根分岐部の根面の垂直性ポケットとともに、根分岐部の中心に向かって水平性ポケットが形成される。根分岐部病変の検査・診断と治療は、他の歯周病変に比べ困難であるため、適切な診断法や治療法が必要である。
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
カップと歯ブラシと砂時計のセットです。歯ブラシは4列植毛でし…
目詰まりしにくいので、シャープニング時、水・オイル等が不要で…