OralStudioサイトのご利用ありがとうございます。
本サイトは医療従事者及び歯・医学部系学生の方へご提供することを目的として作成しております。
一般のお客さまへの情報提供を目的としたものではありませんのであらかじめご了承ください。
本サイトのポリシーに同意いただけますか?
   
※「はい」をクリックした場合、一定期間保存され次回以降の承認のお手間を省きます。
会員登録【無料】隔週で最新の歯科情報をお届け

歯周病学 >> 歯周病学 総論

歯周病診査1

プロービング

歯周ポケットにポケット探針を一定の力(20~30gの力)で歯根面に沿って挿入し、歯周ポケットの有無とその深さを測定する。炎症がある場合は仮性ポケット形成により、実際の深さよりも深く測定されるので注意が必要。根分岐部病変のプロービングにはファーケーションプローブを用いる。

アタッチメントレベルとは?

CEJ(セメントエナメル境)からポケット最底部までの距離。アタッチメントロスは、付着の破壊の程度を表し、アタッチメントゲインは、再付着あるいは新付着によってアタッチメントレベルの値が減少することを表す。歯肉は炎症などによって腫脹や退縮し、ポケットの深さは変化してしまうが、アタッチメントレベルは基準がCEJなので、歯肉の状態に影響されず付着の破壊の程度を測定することが可能である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科技工所検索システムについて詳しい資料をみる 歯科技工所情報を登録する スマートフォンから歯科技工所情報を登録する
「aiデンタルペースト」は、薬用成分として「β - グリチル…
薄くてコンパクトなヘッドとロングネックで女性の小さなお口でも…